TOP > 社会 > 伊方原発 運転差し止め 広島高裁、仮処分決定 :日本経済新聞

伊方原発 運転差し止め 広島高裁、仮処分決定 :日本経済新聞

四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)から50キロ圏内に住む山口県東部の島の住民3人が、四国電に運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁(森一岳裁判長)は17日、住民側請求を認...

ツイッターのコメント(11)

運転差し止め: 日本経済新聞
問題は石炭による発電の割合を減らせないこと。
原発稼働しないと石炭による大気汚染は深刻。
運転差し止め: 日本経済新聞 あのな運転止めても中の燃料は維持しなきゃならないのよ ぶっちゃけ今ある分は使わないと損しかしません
妙な話

専門家集団が長時間かけて出した結論を
私は信用出来ない、ここが不合理と、専門でない裁判官が判断し、運転停止へ差し止め仮処分
これでいいのか?
リスクゼロはありえないから、運転開始は絶望的だね
交通事故が怖くて、家に閉じこもって、安全で豊かな生活の夢か!
これ改めて見るととんでもないね。裁判官がリスク評価して良いもんなの?
伊方原発は四国電力の供給量の最大2割を占め、稼働することで発電用燃料(原油、LNGなど)を年間250億円削減できたんですよ。高裁の決定は電気料金引き上げに直結。四電の経営だけでなく、地域経済にとっても大打撃ですね。 / 運転差し止め(日本経済新聞)
愛媛(四国電力)にある伊方原子発電所から海を隔てて130キロ離れている熊本の阿蘇山(九州電力)が噴火すると危ないから運転を停止しろと山口(中国電力)の住民が訴え定年間際の裁判長が置き土産に差止めの仮処分を決めたので四国の電気料金が上がるかもしれませんと。
地震、津波、噴火があるから原発は優先的になくしていってもらいたい 今さえ良ければいいというおじさん連中は退任下さい

運転差し止め:日本経済新聞
運転差し止め 広島高裁、仮処分決定:朝刊1面から
活断層がある可能性は日本中にあり、阿蘇山など遠すぎる。そこまで想定しないといけないのか。同じことを火力発電所などもしているのか。東北で実証されたのは、地震や津波よりも、電源確保の必要性。それさえあれば大丈夫。
運転差し止め: 原子力規制委員会の「原発稼働許可」も、高裁の判断でひっくり返る。所詮は「規制委も、『原発稼働先にありき』の原発業者寄り甘々の決定しかしない」ということ?こんな無駄な茶番をやるなら、司法が直接「原発稼働の是非」の判断をやるべき?!
運転差し止め:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

PR