TOP > 社会 > 改正民法 施行まで半年 契約ルール変更 対応急ピッチ 建設 業界慣行見直し/システム 修理期間巡り応酬 :日本経済新聞

改正民法 施行まで半年 契約ルール変更 対応急ピッチ 建設 業界慣行見直し/システム 修理期間巡り応酬 :日本経済新聞

10コメント 2019-11-04 07:58  日本経済新聞

売買やサービスなど契約に関するルールを定めた改正民法(債権法)の2020年4月施行まであと半年を切った。約120年ぶりの抜本的な見直しで、インターネット取引が浸透した社会の変化にあわせ、内容も分かり

ツイッターのコメント(10)

やはりそうなんだ。単に試験勉強してるだけの現状では、実情は分からない
「債権譲渡制限特約」があっても改正後は有効となる
システムを引き渡した後、バグ(欠陥)が発見された場合、現行法では開発側が責任を負うのは引き渡してから「1年間」だ

改正法では、この期間が契約書に明記されていない場合は、バグに「気づいてから」1年以内となった
これの対応にめっちゃ悩まされてるんだよなぁ…
対応急ピッチ:日本経済新聞

開発側はなかなかキツイなあ。
受験生以上に現場は大変や。

対応急ピッチ:日本経済新聞
「無償の修理期間を巡る応酬が始まっているのがシステム開発の現場」
・引渡後にバグが発見された場合、現行法では開発側が責任を負うのは「引き渡してから」1年間
・改正法では、この期間が契約書に明記されていない場合、バグに「気づいてから」1年以内に
建設 業界慣行見直し/システム 修理期間巡り応酬:朝刊法務面から
記事にもあるとおり、債権法改正でシステム開発契約交渉で一番インパクトあるのは、契約不適合責任の権利行使期間ですね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR