TOP > 社会 > 防災対策、行政頼み限界  :日本経済新聞

防災対策、行政頼み限界  :日本経済新聞

46コメント 登録日時:2019-10-14 10:39 | 日本経済新聞キャッシュ

首都を含む多くの都県に「特別警報」が発令され、身近な河川が氾濫する事態を「自分の身に起きうること」と予期していた市民は、どれほどいただろうか。近年、頻発する災害は行政が主導してきた防災対策の限界を示...

ツイッターのコメント(46)

@mufufuuuu @comsyskansai ニンジンの皮まで食い、国は何も対策はせず、国民の自己責任で自然災害に立ち向かえというありがたいお言葉が

防災対策、行政頼み限界
色々と話題になった記事
色々突っ込みどころあるが、その内の一つ

人命がかかるようなことに費用対効果を持ち込んで良いものか?
コスパ悪ければ犠牲が出てもやむなしと考えるか?
これ藤井聡先生が分かりやすく例えてた。
「テストで確実に100点取れるかは分からないからそもそも勉強なんてしねぇ」
っていう学生と同じ。
100%被害を防げる防災対策がないからといって防災対策を諦めろってそれくらい中身のない発言。
お上を信頼し過ぎない。
この新聞記事に違和感…
堤防から越水しても
絶対に
決壊しないような強度にする
「耐越水堤防」の考え方を復権させる良い機会だと思います。

「堤防かさ上」の限界を
指摘する記事
堤防の増強は安易な公共事業の積み増しなのか。人口減少下では事業の費用対効果がより問われるのは総論では同意だが、防災分野に安易に適用して良いのか。
藤井先生の怒りの投稿。全面的に支持します。初めて神戸で藤井先生の講演を聞かせていただいた時、「国土強靭化」について、「どこへ出かけても、今、巨大地震が起きたらこの町のどこが一番危険になるのだろうと考えています」との言葉から始められたことを思い出しました。
浮かした防災予算どうしましょ?

日経「法人税減税!富裕層減税!イノベーション!!」

さぞかし鬱苦しい国が出来るでしょうね、クソッタレ。
皆が「わがごと」意識を持つというのはなかなか難しい。住民の方々は漠然と行政がなんとかしてくれると思っているのではないだろうか。行政は出来ることを正確に伝え、自助、共助、公助の役割分担を住民の方々と作っていくことが重要。
全くひどいコラム。ハードで守らず逃げ場が無くなる程の水害になったらどこに逃げれば良いというのか。それこそ安易な公共投資バッシングは厳に慎んで欲しい。→
『堤防の増強が議論になるだろうが、公共工事の安易な積み増しは慎むべきだ。…人口減少が続くなか、費用対効果の面でも疑問が多い。』→社会保障費が金ないから、防災にかけかけるのは無理!
何もおかしな事書いてないと思うけど「 人口減少が続くなか、費用対効果の面でも疑問が多い。」
公共投資したら維持するのにも税金掛かるし今後税収が増えるとは言いづらいし。
頼りにならんのは事実かもしれんけど、それで諦めてたら税金払う意味無くない???(T ^ T)
大半のところでその堤防や貯水が機能してなんとか耐えきったのを散々生で映像で見れたと思うんだけど、何を見て言ってるんだろうか。
これ書いたオッサンが武蔵小杉のうんこマンションに住んでたら笑う。
何かとオモタら
見出し だけ 読んで
吹き上がっちゃってるヤツが多いのかw

先祖代々住んでる土地なら
過去に建て替えた経験もあるだろうから
その機会や次の機会に土地を嵩増しとけ

新たに土地買うならキッチリ事前調査せぇよ

って自己責任な話だろうに。
あれれれれれ〜???この記事に対して消費税を上げたんだから公共事業を進めろ、税金はどこいってるんだとか言ってる方々、ダム建設などの公共事業に費用を使ったら文句言うのは貴方たちじゃなかったんですか〜???
全く都合が良すぎるよね😩
「国頼みの防災」というのがトレンドに上がっていて何かと思いきやまた日経かよ
日経の方が朝日よりよっぽどたち悪い
>> 首都を含む多くの都県に「特別警報」が発令され、身近な河川が氾濫する事態を「自分の身に起きうること」と予期していた市民は、どれほどいただろうか

やれ、行動に移せ。
以上。
スーパー堤防を無駄無駄無駄ぁと切り捨てた民主党が諸悪の根源なのは無視ですかそうですか。日経もレベルが落ちたものだ…
そんな行政いらないでしょ
多くの個人に負担おしつけて、一部特権にやさしい行政なんて
当事者意識を忘れるな、って意味合いだろうに.
もう堤防には頼れない。
もう国には頼れない。
これが日本の今。
日経の「俺達分かってる」感がスゴイ。すごすぎて泣ける。行政頼みもなにも、その行政が明らかに棄民してるじゃない。指摘するところが違うだろう→
都内殊更23区は予算的にも防災費を増やしてる。

そこに住む記者が書いても何の説得力もないね
この記事を批判してる人、絶対内容読んでない。いや読めてないのか。
バーカ、バーカ。主旨部分を有料記事にするから叩かれまくるぞw
びっくりするね。何の為に税金収めてるの??国会議員に給料払うためじゃないよ?
無政府主義でも流行ってんの?
これでぎゃーぎゃー言ってる人って避難所でなんでも用意してもあると思って備えなしで避難所突入してあれがないこれがないとか職員さんに文句言ってそう
災害大国の日本で己で出来ることをやらずに全て他力本願じゃダメって話でしょ
さすが財界の機関紙
おっしゃることが違う
も読むに値しない新聞なのだが、
も床の水を吸い取るためにあるだけの新聞。

防災対策、行政頼み限界
日本経済新聞の編集委員の「久保田啓介氏」による、『防災対策、行政頼み限界論』にはさすがにあきれた。今回の災害は国土強靭化が遅れたことが最大の要因なのは明らか。逆に民間主導でどうやって守るのかをぜひお聞かせ願いたい。
国や自治体は「ソフト防災」を強めた。しかし18年の西日本豪雨でその限界も露呈した。気象庁は「命を守る行動を」と呼び掛けたが、逃げ遅れる住民が多かった......

安心して逃げられる避難所も準備しない内から何を言わんや。公助で出来る事はまだたくさん有る。
先日、これでも食ってろと言う記事を掲載してたニンジンの皮を大量に送りつけて差し上げたくなるような記事だな
川の近くには住みたくない
↓この日経の記事ヤバいな。公共事業は無駄なので、堤防は増強しなくていいと言いたいらしい。

“堤防の増強が議論になるだろうが、公共工事の安易な積み増しは慎むべきだ”
ハード(堤防などの整備)とソフト(移転、自助・共助)を対立させて、ハードを否定するような書き方は良くない。両方大事という当たり前のことをきちんと確認してほしい。対立に煽られて双方が警戒しあう現場の苦労を考えて欲しい。 |
「堤防の増強が議論になるだろうが、公共工事の安易な積み増しは慎むべきだ。」
防災対策、行政頼み限界  :
まぁ、これを機に日経はやめます
古来より「治山治水こそ政治」とか言われるぐらい、我が国において重要課題なのであって、政治に重きが置かれるのは当然。自民党が利害政治してるのもそういうことやで。
「もう堤防には頼れない」 国頼みの防災から転換を(写真=共同)
いやいや治水事業なんて国家の役割の最たるところでしょうが
中国なんて黄河が溢れるかどうかで王朝の寿命変わってたんだぞ
以上

記事本文: 防災対策、行政頼み限界  :日本経済新聞