TOP > 科学・学問 > ノーベル化学賞 吉野彰氏 リチウムイオン電池開発、米大2教授と スマホやEV普及 :日本経済新聞

ノーベル化学賞 吉野彰氏 リチウムイオン電池開発、米大2教授と スマホやEV普及 :日本経済新聞

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)、米テキサス大学のジョン・グッドイナフ教授(97)、米ニューヨーク州立大学のマイケル・スタンリー・...

ツイッターのコメント(29)

めちゃめちゃ刺さる・・・

ノーベル化学賞 吉野彰氏:日本経済新聞
「 :日本経済新聞」( )を読んだよ
喜ばしいし金で図るべきものではないが、こんだけみんなリチウムイオンの恩恵に預かってるのに賞金一人当たり3200万くらいなの残念やな
某歌詞のように日本国民一人一人から1円ずつ渡したいところではある
いいなあ。日本の大学の方向とは逆
→吉野氏は同日、日本経済新聞のインタビューに
良い言葉だなぁ。

吉野彰氏: 日本経済新聞
テレビでも、研究者に必要なのは臨機応変さと諦めない志とおっしゃっていた。祝!
「吉野氏は同日、日本経済新聞のインタビューに『無駄なことをいっぱいしないと新しいことは生まれてこない。自分の好奇心に基づいて新しい現象を見つけることを一生懸命やることが必要』と強調した。」
おめでとうございます㊗️
同受賞者の米テキサス大学のジョン・グッドイナフ教授(97)

…97歳!?
吉野彰さんの言葉

"無駄なことをいっぱいしないと新しいことは生まれてこない。自分の好奇心に基づいて新しい現象を見つけることを一生懸命やることが必要"
ノーベル賞受賞の吉野さん、日経一面の笑顔がすごい素敵。

企業所属の受賞者は02年の田中氏以来とのことだけど、島津製作所は17年たった今でもノーベル賞企業としてブランディングされてる。

旭化成もこれですごい企業イメージが上がりますね。
難しいことはわからないけど、日本からノーベル賞が出ておめでたいな。スマホやEVが普及する研究なら良いことやな!
: 日本経済新聞
"吉野氏は同日、日本経済新聞のインタビューに「無駄なことをいっぱいしないと新しいことは生まれてこない。自分の好奇心に基づいて新しい現象を見つけることを一生懸命やることが必要」と強調した。"
「無駄なことをいっぱいしないと新しいことは生まれてこない。」
偉い人もこう言っていることだし無駄なことしよ←
ところで、プラスチックが無いとリチウムイオン電池は成立しないのは意外と知られていない。
😉
おめでたい!人々の生活を変えた人。カッコいい。
やっぱり研究はいいね。おめでとうございます。
気づかなかったけど、テクノロジーの発展の裏には研究者、発明者がいるんだよね。当たり前のようにスマートフォン使ってたけど、本当はすごい進歩なんだろう。感謝しよう
サイエンス
いい顔されてる
「無駄なことをいっぱいしないと新しいことは生まれてこない。自分の好奇心に基づいて新しい現象を見つけることを一生懸命やることが必要」と強調した。
文科省の皆さん、ここ大事ですよ〜!
化学賞は日本の方だったのね。おめでとうございます。リチウム電池をこさえた人か。めでたいけど、リチウム電池界隈がまだ授賞待ちになってたというのもスゲーな。(´・ω・`)
:朝刊1面から
授賞理由は「リチウムイオン電池の開発」。小型・軽量で高出力の蓄電池が実現したことで、スマホなどIT機器やEVの普及を可能にし、太陽光発電など再生可能エネルギーの導入拡大にもつながると期待している
ノーベル賞を受賞されたご本人は素晴らしいと思います。

でもご祝儀買いとか気前がいい人がいるのか?

オタクの会社ノーベル賞が出たみたいね、じゃあ早速オタクの製品買うわって人がいるのか。
吉野氏は同日、「無駄なことをいっぱいしないと新しいことは生まれてこない。自分の好奇心に基づいて新しい現象を見つけることを一生懸命やることが必要」と強調した。

 :日本経済新聞
吉野氏
無駄な事なんて何もないと思う。挑戦し続けた人だから言えること。
以上
 

いま話題の記事

PR