TOP > 社会 > 気候変動、各国すれ違い 国連サミット グレタさん「私たちは絶滅の淵に」 :日本経済新聞

気候変動、各国すれ違い 国連サミット グレタさん「私たちは絶滅の淵に」 :日本経済新聞

【ニューヨーク=大島有美子】米ニューヨークの国連本部で23日開いた「気候行動サミット」は加盟国の温度差が目立った。2050年に温暖化ガスの排出をゼロにする目標を掲げたが、実現は見通せない。自分たちの...

ツイッターのコメント(14)

グレタさんのスピーチ全文見た。感情的に、みたいなとこがフォーカスされてるけど、理論的な内容だった。
原子力発電所の再稼働が進まない日本は、温暖化ガスの排出が多い石炭火力発電所に頼らざるを得ない。
環境問題: 「各国すれ違い」でなく、「実行する国と無視する国の違い」
日本はメディア含めて後者

原子力発電所の再稼働問題を抱える日本は、温暖化ガスの排出が多い石炭火力発電所を新増設する方針を変えていない。
@tkatsumi06j 本件ですが、

日経も誤訳していると思います。
「私たちは絶滅の淵に」
スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)
このように、個人レベルで具体的に行動に起こせる事が本当に凄いと思います。
おはようございます😃

未だに環境問題に対して意識の差がありますが、民間企業にはSustainabilityに対する責務がある‼️

10代の若者が勇気を出して発言してる事を聞きましょう👂

 国連サミット グレタさん「私たちは絶滅の淵に」 :日本経済新聞
これを見た人は政府が…で終わらさないこと。16歳がここまで行動起こしてたあるのだから、先ずについてもっと関心を持ち、自分の行動は最低見直そう。
グレタさんに「それは間違っていますよ」と優しく教えてあげる大人はいないのか。
素直に受け止められない現実
正論、子供、環境
裏側は新聞には書けないよね
だから誰なの君は。(´・ω・`)勝手に若者代表しないでくれる?
国連サミット グレタさん「私たちは絶滅の淵に」 :総合2面から
「よくそんなことが言えますね」開幕式で怒りに声を震わせたのはスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん。各国が「緊急性は理解している」と言いながら気候変動対策に背を向けた結果、次世代にツケを回していると首脳らを糾弾
地球レベルで言えば、人間の無策により人間が滅びて、次の新しい生命体が地球を支配しても何も問題ないのではなかろうか。中途半端に地球を痛め続けながら人間が生きながらえても、地球は幸せでもない。

多分、1000兆円かけて二酸化炭素対策をやっても、地球は変わらないでしょう
なぜなら、二酸化炭素が温暖化の原因ではないから
利権屋が儲かるだけ
その前に、自然破壊をやめてください
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR