TOP > 社会 > 副業時代そろり船出(上) 新興勢、大手人材で革新 全社員が「二足のわらじ」も 「本業」での知見を結集 :日本経済新聞

副業時代そろり船出(上) 新興勢、大手人材で革新 全社員が「二足のわらじ」も 「本業」での知見を結集 :日本経済新聞

12コメント 2019-07-11 07:05  日本経済新聞

企業が従業員に副業を認める動きが広がっている。生産性向上を目指す政府の方針もあり、副業は産業界の大きなテーマだ。全員が副業として関わるスタートアップが登場するなど産業の新陳代謝への期待が高まる一方、

ツイッターのコメント(12)

副業で起業、ありだね→ネットを活用した高齢者の見守りサービスを展開するジョージ・アンド・ショーンのメンバーだ。同社を立ち上げたのは日本オラクルに勤める井上社長。井上氏だけでなく参画したメンバー全員が副業者
新興勢、大手人材で革新: 日経
副業も業務委託人材の活用もどんどん広まれ〜(´∀`)
「副業時代」の到来はすぐだ。その時、自分に何ができるのか。備えておかないとね。

政府の方針を受け、企業が従業員に副業を認める動きが広がる。
全員が副業として関わるスタートアップが登場するなど産業の新陳代謝の期待が高まる一方、大手企業の本格活用はこれからだ。
企業が従業員に を認める動きが広がっている

を目指す政府の方針もあり副業は産業界の大きなテーマ

全員が副業として関わるスタートアップが登場するなど産業の新陳代謝への期待が高まる一方、大手企業の本格活用はこれから

労働法制の見直しも道半ば
> 「本業を持っているからこそ、目先の利益にとらわれずに長期的に事業を育てられる」と井上氏は副業起業の利点を語る。
副業したい人が2000万人いるのに対して、他社の副業社員を受け入れているのが12%。
副業→生産性向上、って本当にそうなのかなぁ。人ひとりあたりのリソース効率は高まるんだろうけど。
いい時代は確実に近づいてる
副業で企業かぁ…
力の分散はあるけど、やれるならありだなぁふむふむ
転職という概念なくなるんじゃないかな………
新興勢、大手人材で革新 全社員が「二足のわらじ」も 「本業」での知見を結集 :朝刊企業面から
目指すべきは本業+副業だなぁ。

本業があるからこそ、副業で長期的に事業を育ててみたい。
社内にポストを作るか、副業解禁しないと優秀な人は残らないよね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR