TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 低収益地銀には改...

低収益地銀には改善命令 金融庁、監督指針見直し 経営責任追及も視野 夏にも一斉点検 :日本経済新聞

14コメント 登録日時:2019-03-15 08:45 | 日本経済新聞キャッシュ

金融庁は地方銀行に対する監督指針を見直す。足元の自己資本比率に軸足を置いてきた健全性の目安を将来の収益力を重視したものに広げる。今夏にも存続可能性の一斉点検に着手し、本業が赤字で低収益体質の銀行には...

Twitterのコメント(14)

リストラしろと言わんばかりの内容に見えるのは気のせい?とはいえ銀行多すぎ、コストかかり過ぎといった問題はすでに手遅れ感があります。どうなることやら。
「金融庁は地方銀行に対する監督指針を見直す。足元の自己資本比率に軸足を置いてきた健全性の目安を将来の収益力を重視したものに広げる。今夏にも存続可能性の一斉点検に着手し、本業が赤字で低収益体質の銀行には店舗・人員配置の見直しや配当の抑制など早期の対策を求める
命令されて良くなるものでもなし。銀行の管理コストは増えるわ、お上を見てアロケーション考えなきゃいけなくなるわでろくな効果ない。
命令されて改善できるのなら・・・って感じだ。 >
あれだけ金利下げて収益減らさせて、改善命令とか…。責任は安倍自民党公明党腐敗独裁政権にあるだろうが。-------
地銀かわいそう
リストラ&統合か
「本業の収益力改善を」とかけ声を掛けているようだが、むしろ電子決済機能の強化など先進的な技術に特化して金融機関として生まれ変わる必要があるのでは。│ 金融庁、監督指針見直し : 日本経済新聞
仕事ができないのに高級取りのお荷物をさっさと切るべき。
金融庁が地銀に株で博打をやらせていることは誰も批判しないんだよな。
地銀は上場している意味合いをしっかり考えた方がいい。非上場化した方がみんなハッピーになるのでは。(色々なハードルがあるのは理解しておりますが)
日本銀行を守るための動きに見える
「今夏にも存続可能性の一斉点検に着手」
赤字が半分とは・・・
これは全くあり得ない話。異次元緩和で地銀の収益源を奪っておいて経営責任の追及とは。そんなことを言うのなら金融庁自ら持続可能な経営モデルを示すべきでは?
以上

記事本文: 低収益地銀には改善命令 金融庁、監督指針見直し 経営責任追及も視野 夏にも一斉点検 :日本経済新聞

関連記事