TOP > 社会 > (Neo economy)進化する経済(2) 「ムダ」排除が生む低温経済 摩擦ゼロに備えはあるか :日本経済新聞

(Neo economy)進化する経済(2) 「ムダ」排除が生む低温経済 摩擦ゼロに備えはあるか :日本経済新聞

モノ、時間、カネ。経済の価値を生む源なのに、意図せぬ摩擦も生む。摩擦ゼロの滑らかな経済は夢か。カフェが試着室1月、バンコク。カフェを訪れた会社員、マニーラット・テプラビパードさんは店員から小包を受け...

ツイッターのコメント(14)

仕事が人工知能(AI)やロボットに置き換わったとき、失業したと嘆くのか、それとも余暇や自由という新たな豊かさを手にしたと感じるのか。従来の延長線ではない、発想の転換への備えがあるのかが問われている。
「(Neo economy) 摩擦ゼロに備えはあるか :日本経済新聞」( )を読んだよ。
「ムダ」排除が生む低温経済:日本経済新聞
>アパレルのネット通販ポメロは2018年末、利用者が指定したカフェやヨガスタジオなどに衣類を送り、「試着室」に変えるサービスを始めた。
無駄をなくして効率的な世の中を目指すことで新たな豊かさに出会う。豊かさの意味が変わる。そんな世界の変遷を見てみたいと思った。
本日の日経一面に載せて頂いてます🙏
日経新聞様にペイミーについても取り上げて頂きました。ご覧くださいませ

 「ムダ」排除が生む低温経済: 日本経済新聞
世界のキャッシュレス取引は今後5年、年2桁のペースで伸びる見通しだ。フィンテック企業のペイミー(東京・渋谷)は給与の即日払いサービスを手掛ける。月1回の給料支給という「摩擦」が減れば、給料日後に潤う居酒屋、ボーナス狙いの年末商戦という風景が消えるかもしれない。
ペイミーが紹介されてる
まあ、省資源になって地球に優しいけど、経済は冷え込むよね。
 「ムダ」排除が生む低温経済: 日本経済新聞
この記事はこれからを示唆しています🤔

楽しみな時代になりました‼️

(Neo economy) 摩擦ゼロに備えはあるか :日本経済新聞
仕事が人工知能(AI)やロボットに置き換わったとき、失業したと嘆くのか、それとも余暇や自由という新たな豊かさを手にしたと感じるのか。
「摩擦」の定義がないので、もうマンションポエムかよってくらい何言ってんのかわからん。(´・ω・`)

 「ムダ」排除が生む低温経済:日本経済新聞
もはや哲学論争。
Neo economy   摩擦ゼロに備えはあるか:朝刊1面から
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR