TOP > 社会 > (Asia300)広がる中国アグリテック 食料自給率の低下が背景 XAG ドローンで農薬散布 :日本経済新聞

(Asia300)広がる中国アグリテック 食料自給率の低下が背景 XAG ドローンで農薬散布 :日本経済新聞

10コメント 2019-02-26 06:11  日本経済新聞

農業に先端技術を活用する「アグリテック」が中国で広がり始めた。ドローン大手のXAG(広東省、広州極飛科技)は効率的に農薬を散布できる自動運転のドローンを開発し、普及を急ぐ。アリババ集団は顔認証技術で

ツイッターのコメント(10)

「(Asia300)広がる中国アグリテック  ドローンで農薬散布 :日本経済新聞」( )を読んだよ。
そのうちブランド農作物でも中国に抜かれそうよね ↓
広がる中国アグリテック
ドローンで農薬散布 :日本経済新聞
>アリババ集団は顔認証技術で養豚の効率化を進めるなど各社の動きが活発だ。
バイオから次なるトレンド来い来い〜‼︎セラク 👀
広がる中国アグリテック: 日本経済新聞
XAGとは何者ぞ。
【Asia300】広がる中国アグリテック : 日本経済新聞
農業に先端技術を活用する「アグリテック」が中国で広がる。
ドローン大手のXAGは効率的に農薬を散布できる自動運転ドローンを開発。
アリババ集団は顔認証技術で養豚の効率化を進めるなど各社の動きが活発に。
中国では農業従事者の減少が続き、農業改革は待ったなしだ。
アリババ集団や京東集団(JDドットコム)は養豚のデジタル化に熱心だ。両社はカメラによる顔認証技術を使い、ブタの顔色によって食事を与えたり制限したりするほか、運動量を調整して養豚の効率化を研究中。飼料代などの養豚費用を30~50%減らしたとする成果を発表した。
「中国でアグリテックが広がる背景には00年代以降、中国が高い経済成長を遂げる一方、農業の生産性向上が追いつかず、自給率が下がったことがある。多くの農薬に頼って生産量を拡大させてきたが、それでも追いつかない状況にある。」

日本よりアグリテックは進みそう
自動運転の農業ドローン、面白いよな。 >広がる中国アグリテック:日本経済新聞
お金と人のかけ方が違うからね。→"広がる中国アグリテック  ドローンで農薬散布:日本経済新聞 "
豚の顔認証とか、すごく気になる。
『【Asia300】広がる中国アグリテック』
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR