TOP > 社会 > iPS、再生医療「中核」へ 慶大の計画了承、秋にも移植 脊髄損傷の回復に挑む :日本経済新聞

iPS、再生医療「中核」へ 慶大の計画了承、秋にも移植 脊髄損傷の回復に挑む :日本経済新聞

厚生労働省の専門部会は18日、iPS細胞を使って脊髄損傷(きょうのことば)を治療する慶応義塾大学の臨床研究を了承した。近く厚労相から正式に通知が出され、2019年秋にも移植が始まる。事故などで傷つい...

ツイッターのコメント(15)

転載「厚生労働省の専門部会は18日、iPS細胞を使って脊髄損傷を治療する慶応義塾大学の臨床研究を了承した。近く厚労相から正式に通知が出され、2019年秋にも移植が始まる。事故などで傷ついた神経を再生、失った運動機能や感覚の回復を目指す。…」
「iPS、再生医療「中核」へ 慶大の計画了承、秋にも移植  :日本経済新聞」( )を読んだよ。
■iPS、再生医療「中核」へ 
・iPS細胞を使う再生医療は他にも計画が進むが、今回は現代医学では歯が立たないけがの根本的な治療を見据えており、本格的な再生医療への試金石となる
・動物実験で、移植した細胞から神経細胞が修復していることを確かめた
厚労省は、iPS細胞を使って脊髄損傷を治療する慶応大学の臨床研究を了承。
近く厚労相から正式に通知が出され、19年秋にも移植が始まる。
事故などで傷ついた神経を再生、失った運動機能や感覚の回復を目指す。iPS細胞を使う本格的な再生医療への試金石になる。
バイオイヤーだね!

iPS、再生医療「中核」へ: 日本経済新聞
再生医療はここまで来てるんだね凄いな
書いてる通りの効果が期待出来るなら、正に魔法のような細胞。しかし品質管理の大変さが凄まじそう。

> 最大の課題が安全性だ。iPS細胞から作った移植用の細胞は品質が悪いとがん化するリスクを抱える。
すごいなぁ。
この脊髄治療は完成したらデカい。スポーツでも交通でも事故で損傷したのがなおるらしいからな。古傷は難しいらしいけど。(´・ω・`)
これまでは成熟しきった細胞やそれに近い段階の細胞を移植しているが、慶大グループは未成熟な細胞を使う。こうした細胞が脊髄の損傷部で、神経の再生に必要な様々な細胞に変化するとみている
iPS、再生医療「中核」へ 慶大の計画了承、秋にも移植  :総合2面から
これにしかお金がつかないという事情もありそうだが。何れにしても日本の発明を日本の医療が実用化してもらいたい。
将来治る怪我になる事を祈る
iPS細胞。
厚生労働省の専門部会がiPS細胞使った治療する慶応大の臨床研究を了承した。
すでにマウスでの実験に成功。
現在はリハビリでわずかに残る機能の回復を目指すしかないが、
今後iPS細胞を使い傷ついた神経を再生し、失った運動機能などの回復を目指す。

日経
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR