TOP > 社会 > IT関連の転職時給与、日本はアジアより低く 中国企業が高額を提示 :日本経済新聞

IT関連の転職時給与、日本はアジアより低く 中国企業が高額を提示 :日本経済新聞

14コメント 2019-02-08 07:47  日本経済新聞

日本の転職市場で、IT(情報技術)関連の人材を中心に中国などアジア諸国と比べ給与の割安感が強まっている。国際的な人材の獲得競争が激しい最高情報責任者(CIO)の中国の給与最高額は日本の7割高だ。優秀

ツイッターのコメント(14)

日本はお金のない国になっていくのかのぅ...
> 大手企業のITディレクターの給与相場は上海が120万~200万元(約1920万~3200万円)。
IT関連の転職時給与、日本はアジアより低く: 日本経済新聞
中国のIT業界は一点特化型の人だと1プロジェクトですぐクビになるらしい。多くのプロジェクトで必ずスペシャリストになれる人じゃないと定職にはありつけない。
本当、薄給にはうんざりするけど、その危機感を抱えて生きなくていいのよ、日本は。
日本の転職市場で、IT(情報技術)関連の人材を中心に中国などアジア諸国と比べ給与の割安感が強まっている
日本は既に中国に負けている模様 // IT関連の転職時給与、日本はアジアより低く: 日本経済新聞
残念です 世界は進歩してるようです
まあ今に始まった事ではないよね()
皆さんは誤解していると思いますが、日本企業がアジア企業と比較して給料が高いというのはもはや昔話です。殆どの業界の管理職級の報酬水準はだいぶまえに日本は他のアジア諸国に抜かれており、非常に格安で仕事しているエリアに成り下がっています。
だいぶ前から知ってた /
世界を取り巻くIT業界の状況、超売り手市場の原理を全く理解してない人や企業には、付ける薬がない。
IT転職、日本の給与だけではなく、案件自体の報酬の低さが酷くてね。
優秀な人材に案件や組織に来てもらいたいなら、業界不問で相応の待遇や報酬の用意をするものだぞ。
「上位職ほど国境を越え争奪が激化している。日本企業は危機感がない」 この事実に危機感だよ。
IT関連の転職時給与、日本はアジアより低く 中国企業が高額を提示:マーケット商品面から
一定の経験を持つITエンジニアにとって、日本は金銭的魅力がある国ではない。日本は人件費が高いからアジアから人材を、という考えは通用しない。良いサービスを提供し、売り上げを伸ばし、IT人材に高い給料を払わないと・・・。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR