TOP > 社会 > キヤノン会長「レンズ技術、外部提供も」 IoT時代に備え :日本経済新聞

キヤノン会長「レンズ技術、外部提供も」 IoT時代に備え :日本経済新聞

23コメント 2019-01-25 07:10  日本経済新聞

キヤノンがカメラ事業の軸足を法人向けに移す。御手洗冨士夫会長は日本経済新聞の取材で、デジタルカメラの市場が今後2年間で半分ほどに縮小する恐れがあると指摘した。一方で監視や医療など産業分野でカメラの用

ツイッターのコメント(23)

やはり一眼は法人向けにシフトか🤔
値段設定がそうだもんね😵
@zaq_de_la_rocha の話なのでEOS Mシリーズがなくなるという結論にはなりえません。
キヤノンの御手洗冨士夫会長のコメント
デジタルカメラの市場が今後2年間で半分ほどに縮小する恐れがあると指摘した。


スマホでも高画質化している。一眼は今の時代で一般人の皆さんにとってはマイクロフォーサーズでも大きすぎるんだろうね。高倍率のレンズは大きすぎるし
キヤノンの「やっぱり俺がやらねば」会長さんが、減少中のレンズ交換式カメラはさらに半減近くになって、プロやハイアマが使うだけの500万~600万台で底、という見通しをしてたけど、これは納得の予想やね。
フルサイズミラーレス/ フォーサーズ以上の高級コンパクト/アクションカム/子育ての望遠需要 以外はスマフォに回収されるだろうね。
でもそもそも その需要は「写ルンです」を買ってた層でしょうからね。
デジタルカメラの市場が今後2年間で半分ほどに縮小する

でしょうね!!
デジタルカメラの市場は今後2年間で半減。一般向けはほぼスマホに置き換わり、プロ、ハイアマチュアが使う500万~600万台だけが残る、という衝撃的な予想をキヤノン会長が

キヤノン会長「レンズ技術、外部提供も」 IoT時代に備え:
みんなスマホで写真を撮るように時代になって
カメラが売れなくなり新たな道を探しているのか
カメラメーカーも生き残りに大変だな
記事内にあるキヤノン御手洗会長の「デジカメ市場は2年で半分に縮小」という予測は、普段スマホで十分と思うオイラ的には驚きでもなんでもなく
俺がキャノン、ニコンの社長ならグーグルと提携して製品を作りたい。グーグルのスマホで培った画像編集とクラウド、情報収集能力のノウハウをカメラに組み合わせれば面白いことができそう。
おれのデバイスが目にはいらないなら、退場してもらったほうがいいだろうな。
一眼レフは凄い変化になるだろうね。
現状維持で年-10%、増税で-10%、オリンピック後はミラーレス移行が一気に来てシェア6割減と思ってる。
キヤノンさん、レンズ技術の外部提供だけは、マジでやってはアカンと思うの。
iPhoneのスゴいヤツに、フルサイズセンサーとRFマウント積んで、キヤノンのレンズ付くようにしてくれれば、30万円でも買う。
「キヤノンがカメラ事業の軸足を法人向けに移す。御手洗冨士夫会長は日本経済新聞の取材で、デジタルカメラの市場が今後2年間で半分ほどに縮小する恐れがあると指摘した。」
なかなかにすごいこと言っておる
今日の新聞で「デジタルカメラ市場は今後縮小していく」と書いてあった。けれども今後IoTが普及するにつれて監視や医療の分野でレンズ、カメラは必要になるため、そちらに商業は移るだろうと。写真を「撮る」ことの普及の先は「監視」なのか。どこにでもレンズの時代へ。
CMOSは外販を始めてるけどCMOS単体じゃソニーに勝てないだろうし、カメラ用レンズの生産能力が浮くならそりゃ光学製品とセットにして売ろうと考えるよな。カメラ用とは違うニーズに応えられるかどうかが問われるな -
共食いなのか共倒れなのか。

うん、10年は遅かったかなその決断。(´・ω・`)
キヤノン会長「レンズ技術、外部提供も」IoT時代に備え :朝刊企業面から
1000万台規模から500~600万台規模へのデジタルカメラ市場の縮小を見越して、レンズ技術の外部提供を検討しているとのこと。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR