TOP > 社会 > 人手不足倒産が最多 18年、求人難と人件費高騰で :日本経済新聞

人手不足倒産が最多 18年、求人難と人件費高騰で :日本経済新聞

16コメント 登録日時:2019-01-06 05:13 | 日本経済新聞キャッシュ

人手不足が理由となった倒産が増えている。東京商工リサーチの調べによると、2018年は11月までで362件と前年同期から2割強増加した。13年の調査開始以降、通年ベースで最多だった15年(340件)を...

Twitterのコメント(16)

ていうか、過去の日経記事で人手不足倒産が過去最多になったって報じてるじゃんw
ゾンビ企業が発生するどころか、人手不足に対応できない企業が市場から退出してるんですけど😅
人手不足
人材費の高騰で
倒産増えるって。。。
人手不足倒産の定義を明らかにすることが日経新聞の役割ではないでしょうか?
人手不足倒産よくわからないのですが、長年やってて、後継者育成をやってなかったとのか、該当する継続する人がいなかったからか。
いずれにせよ人手不足ではなく経営者責任な気がしますが、どうなんでしょう?
自分にやれるならやりますけど、知ってる人教えてほしいです
雇用条件が悪い会社は絶滅させなきゃ。後継者難とか人手不足は言い訳にはならないよ。
倒産全体のたった4%やん
“人手不足倒産に見舞われた業種は、飲食業や老人福祉・介護事業、貨物自動車運送業などのサービス業が中心” 倒産件数全体としては減少傾向が続くとのこと。 / “人手不足倒産が最多 18年、求人難と人件費高騰で :日本経済新聞”
人手不足倒産: 分に見合った経営,成長と、従業員への適切な処遇への怠りがなければ、「人手不足倒産」など起こりようがない。この倒産が起こるのは「バカな成長とブラック経営を行った」証。「人手不足倒産」は、「不適切経営の不良企業を追放する」良い機会かもしれない?!
どんどん倒産させたほうがいい。人手不足の会社=ブラック企業だから。
これからますます顕在化してくると思われます。
今の
「「後継者難型」は13%増の261件」「「求人難型」が66%増の53件」「「人件費高騰型」も71%増の24件」「人手不足倒産に見舞われた業種は、飲食業や老人福祉・介護事業、貨物自動車運送業などのサービス業が中心」:
益々、人を採用できない企業、利益を生み出せない企業は加速度的に淘汰される。企業は同業比較だけでなく、他業種と比較しても魅力的な企業であるかが求められる。企業は柔軟に変化に対応する必要がある。
「人手不足倒産に見舞われた業種は、飲食業や老人福祉・介護事業、貨物自動車運送業などのサービス業が中心」とのこと。

総じて供給過剰な士業とは全く違った世界です。
現場のつまらない単純作業を削減し、楽しい仕事を増やす努力を現場のリーダーが実行しないと、若い人が働いてくれず、会社が潰れる時代へ。
「人手不足による倒産が押し上げる形で「19年は全体の倒産件数が増加に転じてもおかしくない」」というほどの逼迫。だからといって人件費をあげて採用もできないし。雇用の需給ミスマッチが続くな。
人手不足倒産が最多
2018年11月までで362件、前年同期から2割強増加。
業務を担う人材が確保できない「求人難型」が66%増の53件。人材つなぎ留めのためのコスト増の「人件費高騰型」が71%増の24件。「後継者難型」は13%増の261件。

以上

記事本文: 人手不足倒産が最多 18年、求人難と人件費高騰で :日本経済新聞

関連記事