TOP > 社会 > 車減産、中国で広がる 日産・マツダも 市場縮小が影 景気の減速要因に :日本経済新聞

車減産、中国で広がる 日産・マツダも 市場縮小が影 景気の減速要因に :日本経済新聞

世界最大の自動車市場である中国で減産の動きが広がっている。販売不振の米フォード・モーターや韓国・現代自動車などに続き、日産自動車とマツダも2割程度減産する。中国の新車販売(総合2面きょうのことば)は...

ツイッターのコメント(12)

「 景気の減速要因に :日本経済新聞」( )を読んだよ。
中国の消費マインドが低下してきている。来年は景気減速が激しい年になりそうだ、、│ : 日本経済新聞
中国の景気に世界中が振り回される時代が来てるね。それに関係ないところで生きたい気持ちも湧いてくる。畑でも買おうかな。
各社、影響はまちまち。VW等は減産幅も小さい。主因は、8大都市でのガス車ナンバープレート規制、地方都市での不動産価格下落に起因する不景気。
日産・マツダも〜〜中国の新車販売台数は11月に5カ月連続でマイナスとなり、18年に1990年以来28年ぶりの減少となる見通し:日本経済新聞
シンプルに嫌なニュースだけど、こういうの覚えとかないとね
三つの主要因:1) ガソリン車のナンバープレート発給を制限(大都市の交通渋滞・大気汚染対策)、2) 不動産価格の下落→高額消費の冷え込み→地方都市圏の新車販売の落ち込み、> 日本経済新聞 – 車減産 中国で広がる 景気の減速要因に
販売鈍化、在庫積み上がりでgive up >
1面
世界最大の自動車市場である中国で減産の動きが広がる。販売不振のフォードや現代に続き、日産とマツダも2割程度減産。
中国の新車販売は消費マインドの冷え込みで18年に28年ぶりの減少に転じ、自動車工場全体の稼働率は6割に低迷する。
景気の減速要因に:朝刊1面から
工場の稼働率が下がったら景気が落ちるんじゃなくて、景気が落ちてきてるから稼働率さがってんだろwww
中国の新車販売は消費マインドの冷え込みなどで28年ぶりに減少に転じ、自動車工場全体の稼働率は6割台に低迷。自動車産業は中国のGDPの約1割を占めるとされ、雇用や関連産業への波及で中国景気の減速要因になる恐れがある。
以上
 

いま話題のニュース

PR