TOP > 社会 > AI時代に輝く人材多く 東京大学特任准教授 松尾豊氏に聞く :日本経済新聞

AI時代に輝く人材多く 東京大学特任准教授 松尾豊氏に聞く :日本経済新聞

10代後半に実践的技術者を育成する高専の教育システム。産業構造の変化にそのシステムは対応できているのか。学生は自らの潜在能力に気がついているのか。高専出身者を東京大学の研究室に数多く迎え入れている人...

ツイッターのコメント(10)

高専関連記事 2018/12/25付   朝刊

AI時代に輝く人材多く 東京大学特任准教授 松尾豊氏に聞く:日本経済新聞
日経新聞>

「高専生は日本の宝だ。こんな人材を毎年1万人も輩出していることはすごいことだ。ただ高専自身がその価値に気づいていない。高専生は『自分たちがすごいところにいる』と認識してほしい」
>
AI時代に輝く人材多く:

"高専出身者は、とにかく手が動く。普通に東大に入った学生は口はうまいが、やらない。高専出身者はとにかくやってみて、結果を持ってくる"
「高専生は日本の宝だ。こんな人材を毎年1万人も輩出していることはすごいこと」/AI時代に輝く人材多く:
高専生バンザーイ / AI時代に輝く人材多く (日本経済新聞)
高専生が優秀なのは確か
学生時代によくそういう話を聞いた。

AI時代に輝く人材多く:
日経の高専特集。「今のイノベーションの素養と高専教育が一致している。聞けば聞くほどよくできたシステムだ」「ただ高専自身がその価値に気づいていない。」とのこと→"AI時代に輝く人材多く 東京大学特任准教授 松尾豊氏に聞く: "
「「私の出身県でもある香川県の三豊市と香川高専と松尾研究室が深層学習を活用した地域活性、人材育成に向けた実証研究の連携協力の合意書を交わした」AI時代に輝く人材多く:
「高専生は日本の宝だ。こんな人材を毎年1万人も輩出していることはすごいことだ。ただ高専自身がその価値に気づいていない。」

AI時代に輝く人材多く:
AI時代の三種の神器は電気、機械、ディープラーニングだ

AI時代に輝く人材多く:
以上
 

いま話題のニュース

PR