TOP > 社会 > 日本、IWC脱退へ 政府方針、商業捕鯨の再開めざす :日本経済新聞

日本、IWC脱退へ 政府方針、商業捕鯨の再開めざす :日本経済新聞

17コメント 2018-12-21 06:36  日本経済新聞

政府は20日、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する方針を固めた。25日の閣議で正式決定し、来年6月末をもって脱退する。反捕鯨国との意見対立から、日本が目指す商業捕鯨再開のメドが立たないためだ。脱退で

ツイッターのコメント(17)

南極の調査捕鯨が科学的根拠に乏しく調査を隠れ蓑にした事実上の商業捕鯨と国際司法の判断が出たことで、EEZの商業捕鯨なら文句あるまいってことですな。まるで子供の喧嘩。ホゲーw
国際社会からの孤立へ向けてまっしぐら、って感じだな。

日本、IWC脱退へ 政府方針、商業捕鯨の再開めざす
日本が国際捕鯨委員会から脱退方針。商業捕鯨再開へ。

個人的に鯨を食べる文化はないが、日本の伝統的食文化を他国に批判される筋合いはない。また反捕鯨国も昔は鯨油をとるため捕鯨をたくさん行ってきた。資源管理は必要だが捕鯨禁止は筋違い。国際機関からの脱退は英断。
賛成。日本のIWC脱退は遅すぎた。偏見に満ちた国と議論したり、小国に金をばら撒いて捕鯨賛成させても意味がない。鯨肉への需要は小さいから脱退しても資源保護とはほぼ無関係。浮いた金で国際キャビア委員会を作って欧米露などのチョウザメ違法乱獲を取り締まった方が有益。
■日本、IWC脱退へ 政府方針、商業捕鯨の再開めざす
・反捕鯨国との意見対立から、日本が目指す商業捕鯨再開のメドが立たないためだ
・ただ日本が国際機関から脱退するのは極めて異例で、国際社会から批判が出そうだ
政府は国際捕鯨委員会(IWC)から来年6月末をもって脱退する方針を固めた。
反捕鯨国との意見対立から、日本が目指す商業捕鯨再開のメドが立たないためだ。
ただ日本が国際機関から脱退するのは極めて異例で、国際社会から批判が出そうだ。
細かい事情は承知していないが、脱退までする必要があったんだろうか。失うものの方が大きいような気がしてしまう。
我が代表堂々退場す!以来か?
日本が国際捕鯨委員会から脱退。理由は日本の商捕鯨計画と反するため。日本が国際機関から脱退するのは極めて異例。
困難でも対話による解決を目指すのが日本だと思ったのに

日本、IWC脱退へ: 日本経済新聞
いいことやと思う。鯨油目的で乱獲しまくった歴史を日本に押し付けるんじゃないよ、ばか。
日本、IWC脱退へ 政府方針、商業捕鯨の再開めざす:朝刊1面から
日本、IWC脱退へ:日経 国際社会に背中を向けてまで「鯨を獲りたい、鯨を食いたい」とするニーズが、日本国民ですら理解できないはず。
政府は20日、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する方針を固めた。25日の閣議で正式決定し、来年6月末をもって脱退する。反捕鯨国との意見対立から、日本が目指す商業捕鯨再開のメドが立たないためだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR