TOP > 社会 > ソフトバンク株15%安 初日終値1282円 時価総額10位、6.1兆円 :日本経済新聞

ソフトバンク株15%安 初日終値1282円 時価総額10位、6.1兆円 :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2018-12-20 06:27 | 日本経済新聞キャッシュ

ソフトバンクグループ(SBG)の国内通信子会社ソフトバンク(SB)が19日、東京証券取引所に株式を上場した。時価総額は6兆1371億円と国内の上場企業で10位。SB株は売り注文が優勢で、終値は公開価...

Twitterのコメント(11)

注目を集めた大型上場は、個人投資家などの新たな株主が初日から損失を抱える波乱の船出となった
売り優勢で引けたとはいえ、事業価値が顕在化して懸案だったコングロマリット・ディスカウントが解消され、SBG株主諸兄はよかったスなぁ🤔

>今回上場したSBを合わせた時価総額は約15兆円にのぼった。
>SBの上場前は9兆~10兆円で、コングロマリット・ディスカウントが解消
"SBを合わせた時価総額は約15兆円にのぼった。SBの上場前は9兆~10兆円で、本質的な企業価値よりも市場の評価が低い「コングロマリット・ディスカウント」が解消される一歩になった。"

合計した数字に意味あるのかなw
ただでさえ証券会社が売りさばくのに苦労してた上、HUAWEI、通信障害で直前にケチがついてキャンセルが相次いだりしてたからね。当然の結果│ 初日終値1282円 : 日本経済新聞
1500円で買ってた人は、いきなり1株当たり2万円以上の損失。配当が7500円だからこのままだとキツいね。

ソフトバンクが上場。時価総額は6.1兆円と国内の上場企業で10位。売りが優勢で、終値は売出し価格を15%下回った。
サウジの件といい中国製通信機器の件といい通信障害の件といい、マインドを冷やすニュースばかりだったしね。
初日終値1282円: 日本経済新聞

倍率も2倍とか。買いやすかったってことは人気無かったってことかな。

今日、少しは戻すのか。
なにがコングロマリットディスカウントの解消だ。ただのくそったれ親子上場だろ。(´・ω・`)太鼓持ち新聞め
初日終値1282円 時価総額10位、6.1兆円 :朝刊1面から
投資家の損から始まった。司教は良くないがこれから回復できるのか。かなり一生懸命売った証券会社の営業は厳しいだろうな。
証券会社的には「がっかり」だったが、まぁ妥当だろう。損(孫)して得取れでいいのだから。
以上

記事本文: ソフトバンク株15%安 初日終値1282円 時価総額10位、6.1兆円 :日本経済新聞

関連記事