TOP > 社会 > ソフトバンク上場、「強気の公開価格」裏目 終値15%安 市場飽和、競争も激化 :日本経済新聞

ソフトバンク上場、「強気の公開価格」裏目 終値15%安 市場飽和、競争も激化 :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2018-12-20 06:38 | 日本経済新聞キャッシュ

ソフトバンク(SB)の19日の新規株式公開(IPO)は、株価がその日の最低水準で取引を終える「安値引け」となった。上場前に大規模な通信障害や中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の問題など悪...

Twitterのコメント(11)

上場時って”公開価格から+〇〇円で終了”ってニュースくらいしか知らなかったから、証券会社が事前に営業したり、公開価格から下落して初日が終了した場合は謝罪行脚に行くとか知らなかった
証券マンってここまでやらなきゃいけないのか‥
行動早いなぁと感心してしまった

>6日の大規模な通信障害では「契約者が1万~2万人ほど他社に流れた」(SBの宮内謙社長)
証券会社に騙されたって思ってる人も多そう。

ソフトバンクのIPOは、株価がその日の最低水準で取引を終える「安値引け」に。
上場前に大規模な通信障害やファーウェイの問題など悪材料が相次いだうえ、「公開価格が強気すぎた」との指摘も。
投資家は全員損失。
儲かったのは孫正義だけ。
ダウが暴落してるので、今日も下げるだろう。
そもそもソフトバンクに買い材料など無い。
ソフトバンク上場、「強気の公開価格」裏目 終値15%安 市場飽和、競争も激化 :総合2面から
なぜお詫びしなければならないのか。だれか間違ったことをしたのか。
もともと公開価格(1500円)には「強気すぎる」(国内運用会社)との声があがっていた。

孫さんの大勝利でしたね
おめでとうございます(皮肉)
SBの勝ち!

SB株のIPOに応じた投資家すべてが損失を被った状態になってしまったからだ
「価格から株価の割高・割安を測る予想株価収益率(PER)をはじくと約17倍で、同業のNTTドコモ(約13倍)、KDDI(約10倍)を上回るから」ソフトバンク上場、「強気の公開価格」裏目: 日本経済新聞
以上

記事本文: ソフトバンク上場、「強気の公開価格」裏目 終値15%安 市場飽和、競争も激化 :日本経済新聞

関連記事