TOP > 社会 > 日本の労働生産性は米の7割 1時間47.5ドル、先進国で最低続く :日本経済新聞

日本の労働生産性は米の7割 1時間47.5ドル、先進国で最低続く :日本経済新聞

日本生産性本部は19日、労働生産性の国際比較を発表した。2017年のデータから算出した日本の1時間あたりの労働生産性は47.5ドル。働き方改革による労働時間短縮の効果で16年に比べると1.4%上昇し...

ツイッターのコメント(18)

経団連と自民党が移民で人件費を下げる理由かな。
先進国最低の生産性を知らない若者も多いようですが。
日本の労働者が1時間あたりに生み出す成果(=労働生産性)が4733円で、アメリカの3分の2
モチベーションの問題?!
嫌々働いてる奴隷みたいな人が何人もいるんだからそりゃそうだって感じ
なぜ1時間あたりなのかわからん。一日ごと、月ごと生産性はどうなったん?すこしでも上がってるやつ出したかったわけで1時間だけ出したわけではないよね?
日本人はすーぐ労働時間でカバーしたがるからな。
@IHayato つまり、こういうことですよね。
日本の労働生産性は米の7割
1時間47.5ドル、先進国で最低続く
一体何が問題なのだろうか?
アメリカは生産性の低い人材はすぐにクビになり、より生産性の高い人と入れ替える。日本は生産性の低い人材をなんとか引き上げようとする。なのでこのような結果になるのでは? 個々のレベルは平均的には日本人の方が高いように思います。
日本生産性本部の方々は生産性が高いのだろうか?
単純にまだ労働時間が長すぎるってことだね。

労働生産性の国際比較。
日本の1時間あたりの労働生産性は47.5ドル。働き方改革による労働時間短縮の効果で16年に比べると1.4%上昇したが、G7では1970年以降、最下位の状況が続く。
換算の影響もあるんだろうけど、時給ベースで一万円くらいの価値を生み出さないとあかんいうこと。
国際比較ってなんか怪しい。色々からくりあるし、実際数値はそうだとしても、各国制度のいい面、悪い面がある。数字が一人歩きして結局人件費下げることに利用されたりして。
最後の「為替が2割円安に振れてますのでドル換算で苦戦してます」で台無しじゃんこんな調査w
日本の労働生産性は米の7割 1時間47.5ドル、先進国で最低続く :朝刊経済面から
労働生産性を上げないと、外国人労働者受入に代表される数でごまかす政策は早晩息切れします。生産性は黙っていれば上がるものではなく、積極的な投資が必要です。
仕事の能力が足りないのか
無駄が多いのか
時間意識が足りないのか
マネジメントの質が悪いのか
IT技術の活用が後れているのか
何か数値のトリックがあるのか

何が本当の原因なのだろう。
といつも思うこの話題。
以上
 

いま話題のニュース

PR