TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 〈金融取材メモ〉...

〈金融取材メモ〉「暗号資産」と改称のワケは 金融庁、仮想通貨に苦悩 :日本経済新聞

14コメント 登録日時:2018-12-19 07:12 | 日本経済新聞キャッシュ

金融庁が仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に改める。20カ国・地域(G20)会議などで使われる国際標準に表現を統一するのが表向きの理由だ。改正資金決済法に基づいて仮想通貨の交換業者に登録制を始めてから1...

Twitterのコメント(14)

以下転載「金融庁が仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に改める。20カ国・地域(G20)会議などで使われる国際標準に表現を統一するのが表向きの理由だ。…」
いや、お墨付きを与えたでしょ。まがい物にお墨付きを与え、バブルを煽った金融庁の罪は重い→金融庁が仮想通貨にお墨付きを与えたとの印象も持たれた。改称することで、法定通貨とは違うものだと明確に線引きしたい本音も透けてみえる
「暗号資産」と改称のワケは: 日経
メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

[日経] 金融庁、仮想通貨に苦悩
[日経] 金融庁、仮想通貨に苦悩

>「暗号資産」という不気味な表現に改称することで、法定通貨とは違うものだと明確に線引きしたい本音も透けてみえる。
「暗号資産」という不気味な表現に改称することで、法定通貨とは違うものだと明確に線引きしたい本音も透けてみえる。
〈金融取材メモ〉「暗号資産」と改称のワケは:日本経済新聞
「法定通貨とは違うものだと明確に線引きしたい本音も透けてみえる」 弱っているタイミングで反撃。 >〈金融取材メモ〉「暗号資産」と改称のワケは:日本経済新聞
「暗号資産」という表現に改称する事で、法定通貨とは違うものだと明確に線引きしたいというのが金融庁の本音か。

金融庁が仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に改める。G20などで使われる国際標準に表現を統一するのが表向きの理由だ。
仮想通貨を育てたいのか潰したいのか。
〈金融取材メモ〉「暗号資産」と改称のワケは〜〜ハッキングによる消失やマネーロンダリング対策の不備など問題が噴出。金融庁が仮想通貨にお墨付きを与えたとの印象も持たれた。「暗号資産」という不気味な表現に改称することで、法定通貨とは違うものだと明確に線引きしたい
投機的な側面よりも決済手段としての機能にもっと注目することによって、送金手数料などのコストが下がり、世の中が便利になると思うのですが。

〈金融取材メモ〉「暗号資産」と改称のワケは:日本経済新聞
「「暗号資産」という不気味な表現に改称することで、法定通貨とは違うものだと明確に線引きしたい本音」〈金融取材メモ〉「暗号資産」と改称のワケは: 日本経済新聞
仮想通貨から暗号資産になると、果たして資金決済法が正しい規制のための法律なのか怪しくなる。
金融庁、仮想通貨に苦悩:金融経済面から
以上

記事本文: 〈金融取材メモ〉「暗号資産」と改称のワケは 金融庁、仮想通貨に苦悩 :日本経済新聞

関連記事