TOP > 社会 > パリ協定、ルール採択 COP24 温暖化対策、全ての国参加 :日本経済新聞

パリ協定、ルール採択 COP24 温暖化対策、全ての国参加 :日本経済新聞

【カトウィツェ=塙和也】ポーランドで開かれていた第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)は15日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定(総合・経済面きょうのことば)」を運用する実施指針...

ツイッターのコメント(10)

:そうだ、今年のいいニュースを振り返ろう(12)
12月15日、COP24で(難航していた途上国も含め)パリ協定にほぼすべての国が合意した。
パリ協定が2020年から適用されることになり、温暖化ガスを排出するほぼすべての国が参加する国際的枠組みが動き出す。ただ、米国はパリ協定からの離脱を表明しておりCOP24でも態度を変えていない。
ポーランドで開かれていた第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)は15日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を運用する実施指針を採択して閉幕。
温暖化ガスを排出するほぼすべての国が参加する国際的枠組みが動き出す。
原田環境相は途上国との二分論解消に言及しているけれど、結局日本は経済のほうが環境より優先であることも事実
経産省の力も強く途上国支援しかできない
先進国は2年ごとに将来の支援額を新たに示す
削減目標、総量の検証は客観的なデータの提出など共通ルールの導入でも合意
何も決まってないようにしか見えないけど、先進国と途上国が決裂しなかったから評価してあげないといけないやーつ?(´・ω・`)
くれぐれも数字遊びにならないように。
焦点だった資金支援や削減目標を巡って先進国と途上国が折り合い、パリ協定が2020年から適用されることになった。温暖化ガスを排出するほぼすべての国が参加する国際的枠組みが動き出す
米国はパリ協定からの離脱を表明しておりCOP24でも態度を変えていない
COP24 温暖化対策、全ての国参加:朝刊1面から
景気悪くなって来ると益々難しくなりそう・・
以上
 

いま話題のニュース

PR