TOP > 社会 > 昆虫や藻 タンパク源に カイコのドリンク/藻を美容活用… スタートアップに商機 :日本経済新聞

昆虫や藻 タンパク源に カイコのドリンク/藻を美容活用… スタートアップに商機 :日本経済新聞

16コメント 登録日時:2018-11-26 07:03 | 日本経済新聞キャッシュ

肉や魚に頼らずタンパク質を摂取できる食品を手がけるスタートアップ企業が増えている。従来あまり活用されていなかった昆虫や藻などを活用し、低コストで生産できる点に着目した。世界的な人口増大と新興国の経済...

Twitterのコメント(16)

< 思えばイナゴの佃煮ってあったなぁ。最近見ないけど。。。コオロギは…見た目からちょっと食いたくないけどコオロギラーメンって以前に企画ものであったなぁ。。。
タンパク源が不足するタンパク質危機がやってくるらしい。
今のうちにプロテインを大量に確保しないと。
そのうち肉は食えなくなる時代来るだろうしなぁ→
、、
コオロギ食べるのはサプリでもキツイわー
どれくらいのもんなのかわからねえ笑
---
一見すると普通のプロテインバーのようだが、実は1本に粉末状のコオロギ50匹分が含まれている
いくら栄養価が高くてもねぇ〜、、、それがコオロギって(・・;)
コオロギのプロテインバー、カイコのサナギを粉末化したドリンク、藻に含まれる植物性タンパク質を生かした健康食品など。
バグモの「コオロギのプロテインバー」はちょっと食べてみたいかな。

肉や魚に頼らずタンパク質を摂取できる食品を手がけるスタートアップ企業が増加。
昆虫や藻を活用し、低コストで生産。人口増大で食料不足への懸念が高まる中、商機を伺う。
セカイ的に見れば人工増であり、昆虫が食品として流通するのが当たり前になる映画のような世界観が現実になる日も遠くないだろう。
: 日本経済新聞
やったぜ…!

: 日本経済新聞
蚕の幼虫を粉にした。シルクフードと名前が奮ってるがわたしはびびって震えてる。
将来のタンパク質不足に向けて一歩を踏み出している企業もある。
今は昆虫とか抵抗感強いけど、そのうち当たり前に摂取することになるかも。
肉や魚に頼らずタンパク質を摂取、コオロギや蚕、藻類を加工食品にしたり、イエバエを飼料にしたり。世界的に見てタンパク質不足。注目されていると→
コオロギのプロテイン‥
昆虫食などはどうイメージ作りしていくかが課題になりそう。
以上

記事本文: 昆虫や藻 タンパク源に カイコのドリンク/藻を美容活用… スタートアップに商機 :日本経済新聞

関連記事