TOP > 社会 > (ドキュメント日本)ゲーム依存 日常狂わす 押し入れにこもりきり…学校に行かず 保護者や医師 対策手探り :日本経済新聞

(ドキュメント日本)ゲーム依存 日常狂わす 押し入れにこもりきり…学校に行かず 保護者や医師 対策手探り :日本経済新聞

12コメント 登録日時:2018-11-19 07:19 | 日本経済新聞キャッシュ

「ゲーム依存」が若年層を中心に広がっている。疾病としての認知は進んでおらず、治療や支援体制はいまだ確立していない。ひとたび依存状態に陥ると、日常生活に深刻な支障をきたすこともある。一日の大半をゲーム...

ツイッターのコメント(12)

私は殆どゲームをやらないので詳しくは分かりませんが、ゲームをすると脳内では麻薬をやっている時と同じ効果がでるとしたレポートも目にしたことがあります。情報取得の約8割を占める視覚を奪われる事で思考の大半も奪われ、未来を想像する力や発想力も失われますね。
むかしからゲーム依存はいたし、今に始まったことじゃない。ネット環境の有無も関係ない。
本人次第というか、親の教育が全て。
夜中に子供つれ回す親がいるくらいだし。
家族や友人とお出掛けして本当に楽しかった思い出があれば、ゲームより楽しい世界があるんだって思い出して、抜け出すキッカケになると思うんだよなあ。自分の子供には楽しい思い出を沢山作ってあげよう。

元ネトゲ廃人より
ゲーム依存は初期対応が大切。
人が変わったようにイライラするようになったら赤信号。
取り上げようとしてパニックを起こしたら、もうご家庭での対応は難しい。

結局、やんわりとゲームから離していくしかない。
抵抗の少ない初期対応が大切。
ゲームを社会との接点にすれば良いと思う

【ドキュメント日本】
ゲームに対する大人側の偏見もあるはず。これがスポーツとか楽器とか読書ならこんな論調にはならない。

だったらプロゲーマーを目指しなさい、というかんじにこの状況を受け入れると、何か変わるのか、興味あるな。
記事にあるのは中学生の事例。通勤電車を見ればこどもだけの問題ではないことがわかる。もしかしたら大人の依存症の方が厄介かも知れないな、と思ってみたり。個人的には戦闘ものや殺戮系のゲームに嫌悪感あり。
元ゲーム業界の人間として。この状況を産んでいるのはスマホ・ネットゲームを主たる事業とする日本の未上場スタートアップとマザーズ上場企業によるところが多い。上場審査に依存症対策の有無と実効性確認を入れるべき。: 日常狂わす: 日本経済新聞
定期的に出てくるね、これ
誰かが言い続けてるんでしょう

熱中してストレスを情緒不安定になるのがダメ
1日12時間以上PC相手に仕事して、ストレス溜めてるのは仕事依存
勉強で結果が出ずにキレるのは勉強依存よね

【ドキュメント日本】
外国につながる子どもの依存症。公立学校は公的サービスの一環で通訳を入れられるが、医療機関では通訳なしに診察を受けているのでは?と思われるケース。医療機関には通訳受入のノウハウ、システムがないことも。
私も夢中になりやすいので、短気はハマるけど、やめようと思ったらとことんやりません。でもゲームって面白いし、頭の体操にもなるし、子供に時はワクワクした。この記事みたいに悪いものと捉えられるのは多いけど、今はeスポーツもあるのでいい方向にいけばいいんですが。
以上

記事本文: (ドキュメント日本)ゲーム依存 日常狂わす 押し入れにこもりきり…学校に行かず 保護者や医師 対策手探り :日本経済新聞

いま話題の記事