TOP > 社会 > 日本経済新聞 > (挑む)「主体的...

(挑む)「主体的学び」のあり方 IT頼らぬ力、育成を :日本経済新聞

76コメント 登録日時:2018-11-19 07:35 | 日本経済新聞キャッシュ

「主体的・対話的で深い学び」という言葉をよく耳にする。アクティブ・ラーニングに、より広い意味を含ませようと文科省が言い出した言葉だ。主体的に深く学ぶことに何の異論もない。ただ、多くの学校で情報通信技...

Twitterのコメント(76)

表現の問題だと思うが、わざわざ「AIやICTを使わないで」などと余計な条件をつけず、ふつうに「現状に満足せず、利用できるあらゆるものを使って、より高い目標に挑戦し続けよう」と言えばいいのに /
そんな苦労は時代遅れで不要なので黙ってて欲しい /
「「主体的・対話的で深い学び」という言葉をよく耳にする。アクティブ・ラーニングに、より広い意味を含ませようと文科省が言い出した言葉だ」
「主体的学び」のあり方
「主体的学び」のあり方を語るようで、ワシにはITがわからんので、ITを使う者は怠惰な知性を育てているのだ、という主張をしたいだけだった。 //
どうなんだろね?本もパソコンも道具じゃん?本は良くてパソコンはダメってないよね?あるものは使い倒せる方が良いと思うがなぁ。
「ネットなしでは情報収集もできず、パソコンなしでは統計処理もできない怠惰な知性」とか。。。怠惰ですみません、日経殿 m(_ _)m/主体的学び」のあり方:
自分のやってきた努力が不要になったとき、自分そのものを否定されてしまう感情に陥ってしまうのはよく理解できる。自己保身が新しいテクノロジーの否定へとつながる。
相当ヤバイこと言ってる
そっくりそのまま書き手に言い返したいです。>そうしたたくましさを培う「主体的・対話的な深い学び」が、推進されることを真に願いたい。
この記事書いた奴は己独りで旧石器時代の生活でも営めばいいと思うよ。
主体的学びは大事。it使いこなす事も大事。
「中学生のうちから、ネットなしでは情報収集もできず、パソコンなしでは統計処理もできない怠惰な知性を育てて、本当に大丈夫なのだろうか」と言ってる記者さんなんだけど、本人が中学生のころは公立図書館を使ってる
図書館がない時代の人からすると、「図書館とか怠惰」
話題の。教育の本質とは。

//
主体的に学びたい人はネットやなんかでどんどん遠くまで行けちゃうのが今の世の中で昔とは比較できないんだよね。やりたい子はどんどん行く。それだけ。昔も今も。
これ書いた人はきっと共産主義者だね。これは毛沢東の文化大革命じゃないか>
日本経済新聞(啓明舎 塾長・後藤卓也のつぶやき)

> 電卓を使わずに統計データを処理し、コンパスや定規でグラフを描く。そんな苦労は時代遅れで不要なのだろうか。
> 確かに、データからグラフを作るのは表計算ソフトの方がはるかに便利だ。
グーグルに検索ワード入れて結果を見れば、すぐ答えが出てくるような物言いで呆れる。統計についても然り。そういう検索、表計算ソフトの使い方しかしていないという自己紹介は哀れ。
計算なんて単純作業から人間の知性を解き放ち、より生産的なことをするためにパソコンがあるわけなんですがね?
僕が中学生だったときはインターネットで有料記事を買って資料にしていたのでつらいのだ
現代において長期にわたってネットが使えないような状態になったらそもそも経済活動ができなくなるわけだからネットに頼らないって言う考え方は…
馬鹿みたいに非効率な方法で勉強するくらいならさっさと終わらせて色々な経験をした方がよっぽど良いと思う
新しいことが嫌いな人はひとりで狩猟生活でも何でもしてればいいと思うんだけどな、、
これはヒドイ。酷過ぎて凄い。真顔でこれはギャグの才能ある。 /
これ書いたの、学習塾の塾長らしいのだけど、そこの塾ではタブレットを使った教材を「5年かけて」開発したんだそうで…。
@h_okumura

主体的意思があるから何かを調べようとする。その意志は調べ物の手段で何か変るだろうか。目的があるなら手段は簡素な方が良い。その事とネットを通さぬ調査、実地やフィールドワークや書物に当たる事で得られる偶然は別。
震災で電力がないと立ちゆかない脆弱さというのは確かにそうだし、なくてもやり過ごせるアナログ技術やバックアップの準備は有るに越したことはない。だがそれはあくまでバックアップであり、主たる方法は最新技術をむしろ使えないのではまずいだろう…
こういう年寄りが
正直なところ、全く賛同できないですね。
効率がいいんだって何度も言わせるな。
仕事のために学ぼうとすると、とたんに止まってしまう自分がいる。主体的学び。高校生に負けないぞ。
>必要な書籍を探し回り、電卓を使わずに統計データを処理し、コンパスや定規でグラフを描く。そんな苦労は時代遅れで不要なのだろうか。

書籍は分からんでもないですが,電卓以降のくだりは時代遅れで不要だと思います。
経団連の会長さん?とか
どこかの大臣?副大臣?さんとか。
この記者さん?とか。

マジでいるんですね。

外国はどうなんだろう。
日本固有だとしたら、何故だろう。

釣りだと思いたいがガチなのかな。 / “DGKKZO37849060W8A111C1CK8000?unlock=1&s=1”
単なる手段に噛み付いていて説得力を感じない。ネットも表計算ソフトも、筆者の言う公共図書館での調べ学習と本質は変わらない。しかも現代の子供の方が、接する情報が多いのだが。
言いたい事は分からなく無いけど、道具がある時代と無い時代を同列に語るのは駄目なんじゃないかな?🤔。こんなコトを言い出したら文明の否定だよ😓。デジタルに偏重する事の危険性を言いたいんだろうけどさ、余りにも極論過ぎるよ😓
「小粒になった日本企業 成長鈍く」で「企業再編などによる「新陳代謝」が鈍く、成長力の差を生んでいるとの指摘が多い」と書いた翌日に、「パソコンなしでは統計処理もできない怠惰な知性を育てて、本当に大丈夫なのだろうか」というポエムを載せる日経新聞、すごいな……。
これを書いた記者は、俺と同じ苦労をしろなんていっていないで、ヒストリーチャンネルの人類滅亡の日~世界が終わる10のシナリオ~の電気がなくなる回を見るといいよ。AIどころじゃないよ(≧▽≦)
うわあ、すごいな、これ。絵に描いたような老害では。何を言いたいのかわかんないし。エライ人が書いたものには誰もダメ出しできないんだね。
「電卓を使わずに統計データを処理」って、計算尺とか?
どこから突っ込んだらいいのかわからないすごいコラムだが、とりあえず、日経が想定読者をどういう風に考えているかが透けて見えるし、そんなに媚びちゃって大丈夫なのかと思う。⇒
笑う。これが日本経済新聞社とは。
こんな腐った考えが日本のITリテラシーを低下させる訳だな
遠回しにほのめかしてないで、「パソコンが、ネットが憎い。20世紀に戻ろう。昭和に戻ろう。冷戦時代に戻ろう」とぶっちゃけてしまえば良いものを。
面倒臭い奴等だな。
言いたいことはわかるが、例が酷すぎるw
日経新聞は明日からガリ版印刷すべき。
電算写植とか怠惰なことはやめたらいい。
中学生が「ネットなしでは情報収集もできず、パソコンなしでは統計処理もできない」

と書いてあるが、じゃあ著者に問おう。

記事全文読んでもダメダメな趣旨だなあ。「中学生の時に図書館で膨大な資料を書き写し」なんてのを武勇伝のように書いている時点で残念ですね
ログイン前のほんのさわりだけだけしか読まなくても「半世紀近く前、私が中学生だった頃は」の語句でお察し
過去の遺物みたいな思想を読まされた('A`) 『必要な書籍を探し回り、電卓を使わずに統計データを処理し、コンパスや定規でグラフを描く。そんな苦労は時代遅れで不要なのだろうか』 素早く見つかる方が、より深く調べられるチャンスがあるんだから、時代遅れです。
"必要な書籍を探し回り、電卓を使わずに統計データを処理し、コンパスや定規でグラフを描く。そんな苦労は時代遅れで不要なのだろうか。"不要ではないけど時代遅れではある | (挑む)「主体的学び」のあり方
こちら。うーん、こういう考え方の人が一定いるという事だろうか。。。

瓦版で新聞作ってろ、という感想しかないな
記事中で「半世紀近く前、私が中学生だった頃は、…」って書いてる時点でもうダメだろ、このコラム。突然サマータイム導入しようと考える人達と全く同じレベル。社会が何に乗っかって、また、自分が何に乗っかって仕事しているのか、時代が客観的に見えていない。
計算尺使わないと飛行機も作れなかった人たちに、「怠惰な知性」とか言われたくねーなあ
その理屈なら「足腰弱るから車使うな」よ?🥴
それっぽい理由をつけて俺と同じ苦労をしろと言っているように読めてしまった。 /
ざっと読んでいくと、「サバイバル力をつけろ」「無人島でも生き抜く力を」に読めるけど、それ現代社会で、必要?
話題になってるやつ →
薪集めて火起こして料理するのは物好きのキャンパーがやればいいのと同じで一般人には不要→「必要な書籍を探し回り、電卓を使わずに統計データを処理し、コンパスや定規でグラフを描く。そんな苦労は時代遅れで不要なのだろうか。」
「パソコンなしでは統計処理もできない怠惰な知性」なかなかのパワーワード。自分で機器を組立られずプログラムも学ばずにPC使うなとか、そんな感じだろうか? |
こんなゴミみたいな記事の乗せる日経を読んでるのが経営者とかいう時点で日本企業が氏ぬのは当然だと思った()
そりゃ生産性が上がるはずがない
金払ってないから一部しか見れないのに、それだけで読む価値がないって判断できる冒頭も珍しいな “半世紀近く前、私が中学生だった頃は” /
「しかし中学生のうちから、ネットなしでは情報収集もできず、パソコンなしでは統計処理もできない怠惰な知性を育てて、本当に大丈夫なのだろうか。」
「主体的学び」のあり方

新聞が老害の老害による老害のためのゴミであることがよくわかる。
IT活用に疑問を呈する記事。言いたいことは本当はそうではないかも知れないのだけど、こういう意見が日本の競争力を削いでいるのだから、やめて欲しい。日経は好きだが、これは困るな。//
>>半世紀近く前、私が中学生だった頃は
この著者は中学生が「ネットなしでは情報収集もできず、パソコンなしでは統計処理もできない」のがお嫌いらしいが、それは「ネットやパソコンを駆使して凄いことをやってのける」中学生でもあるという考え方はできんのだろうか。
日経の記事,言ってることはまあまあ筋が通っているけどそれが読者層やそのほかの層に届くまでに何らかの歪曲が少なからず生じる
「タブレットでインターネットを検索し、プレゼン資料を作る授業が、自ら課題を発見し、問題を解決する学習だといわれると疑問符が浮かぶ」>
君はもう洗濯板で洗濯してろって感じだな・・・
まずは黙ってHidden Figuresを観て、パソコン無しで統計処理をするのがどういうことか確かめて来るべき。
この記事です→ 「(後)」という署名があります
こういう「手や足を実際に動かした方がいい」見たいな発想がダメなんだよな|
【挑む】「主体的学び」のあり方 :

よくわからん
どっちが正しくてどっちが間違っているという話ではなく、どちらも正解だと思う。
言ってることは若干老害の意見っぽくてアレなんだけど大事な視点だと思う。結局情報に溢れたインターネットよりも古典的な手段が1番わかりやすく余計なことしないで済むのよね…(`・ω・´) / “DGKKZO37849060W8A111…”
以上

記事本文: (挑む)「主体的学び」のあり方 IT頼らぬ力、育成を :日本経済新聞

関連記事