TOP > 社会 > 日用品、国産を対中輸出 資生堂など 高品質強みに増産投資 :日本経済新聞

日用品、国産を対中輸出 資生堂など 高品質強みに増産投資 :日本経済新聞

16コメント 2018-11-01 05:46  日本経済新聞

日用品大手が相次ぎ国内で増産投資に踏み切る。資生堂は2022年までに約1400億円を投じる。コーセーやユニ・チャームも新工場を稼働させる。訪日観光人気や越境EC(電子商取引)=総合2面きょうのことば

ツイッターのコメント(16)

「 :日本経済新聞」( )を読んだよ。
高品質強みに増産投資: 日本の一般消費者は、中国産の安い日用品を探し求め、中国の消費者はわざわざに日本に買い物に来て「日本国内産の高価な日用品」を買い漁る。もはや、一般庶民のリッチさは、中国の消費者が我が国より上!
向こうで作ってるんじゃないのか?
8時50分の川崎は15.8℃。先進国で根本的な衣食住が豊かになった時に、次に求めるのは娯楽やオシャレ関係だったりするよなあ。
海外工場じゃないんだ。すごい。

日用品、国産を対中輸出:
越境EC向けの輸出はいいけど、お土産は最近税関が本気出し始めたって言ってるからどうなるんだろねぇ?(´・ω・`)

日用品、国産を対中輸出:
1面
日用品大手が相次ぎ国内で増産投資。資生堂は22年までに1400億円を投じ、コーセーやユニ・チャームも新工場を稼働。日本で製品を増産し中国などアジアに輸出するためだ。内需型産業の代表格だった日用品が輸出の新たな柱に育ちつつある。
観光客と同じで越境ECも中国の外貨が減るんで、当局が突然チャネルを遮断するリスクはない訳じゃないけどな。
なるほどね。
認知がされてきたからブランドとして売り出すと。
これはいい流れになれば良いね。

・海外で高まる「日本製」への需要を満たすため、内需型産業の代表格だった日用品が輸出の新たな柱に育ちつつある
・資生堂の化粧品、ユニ・チャームのおむつ、カルビーのフルグラ
Alibaba ECのおかげで、販売チャネルを自前で構築しなくとも海外で商品が売れる時代になった。Made in Japanのブランドがモノを言う。
化粧品、粉ミルク、オムツ、キットカット、フルグラ、ミルクチョコの増産が始まる。
インバウンドが、輸出ビジネスに繋がった。
日用品や食品だけでなく、日本の工芸品とかチャンスは大きい!
日中友好促進→ pragmatic🌏
「内需型産業の代表格だった日用品が輸出の新たな柱に育ちつつある」と --
:朝刊1面から
その「日本製」の品質も今や怪しい気もするが。
ちょっと前までは「人件費が安い国、何カ国かに分散してドカッと製造」みたいなのが主流だったように思うけど、アウトバウンド需要起因で国内生産が盛んになるって話。日本の人件費が国外と比較して極端に安いってわけではないと思ってるが。さて。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR