TOP > 社会 > 住宅ローン減税、延長を検討 政府、消費増税対策で最長5年 :日本経済新聞

住宅ローン減税、延長を検討 政府、消費増税対策で最長5年 :日本経済新聞

政府は2019年10月の消費増税にあたり、住宅購入の支援策として住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入った。消費増税前の駆け込み需要やその反動減を防ぐ狙い。年末...

ツイッターのコメント(27)

消費税増税の余波
すでに購入している人も対象なのかしら。
なかなかのインパクトな気がする
「iDeCoで節税!」とか舞い上がっているFPは、この話に興味ないですよね。住宅ローン控除は所得控除ではなく税額控除ですから、税負担軽減効果は比べ物になりません。
住宅ローン控除、ただの延長ではなく期間自体の延長になるかもしれないこと。うーん不動産の下落はまだまだ先のようですな
消費税増税(駆け込み)対策が出てきましたが、ローン残高の引き上げになった場合、恩恵を受けられるのは一部の高所得者に限られそう。
住宅ローン減税が10年から15年に延びるかもしれません。

ファイナンシャルプランナーや所得税法を学んでいる方は、一読をお勧めします。
これは、ありがたいけど増税の意味がなくなる。
消費税増税関係なく、今から延長してほしいわー!
それより、空き家問題を解消する方がマシだったりして… →
頭おかしい。これに加えて軽減税率だよ? どう考えても消費税上がると得する人が多すぎる。増税はやめた方が良いかもと初めて思った(*´-`)
住宅購入の支援策として住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入った。
このマクロ環境見立ての中でこれ、キャッシュマネジメント的に悩ましいなー。そして、やはり年収2,000万シーリングあるのよね、、、?
これは現在ローン組んでる人も期間伸びるのかな?
//
もっと優遇措置が増え、空き家問題や若者の住まいへの意識が変われば嬉しい限りです(^^)
ローン残高4000万から5000万に引き上げになれば、富裕層は更に恩恵を受けるね。また、控除額が1%から引き上げられれば、残高低い人にも恩恵がある。
これから住宅ローン組む予定だから嬉しい話。
住宅ローン減税、延長を検討:政府は2019年10月の消費増税にあたり、住宅購入の支援策として住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入った。
これってこれから買う人?
今は不動産は負動産と言われてるので、どれだけ需要があるんかな
政府、消費増税対策で最長5年 :朝刊1面から
政府は2019年10月の消費増税にあたり、住宅購入の支援策として住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入った。消費増税前の駆け込み需要やその反動減を防ぐ狙い。年末の自民党や与党の税制調査会で詳細を議論し、最終決着させる。
"現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入った"≫
これも大きな住宅ローンを借りられるような人の優遇策。なぜみんな認めるのか?家賃を所得控除できると、みんなもっと大きな家に住みたがるかもしれないし、賃貸住宅市場が活性化するかも知れない。そっちも考えたら?
住宅ローン減税、延長を検討:日経 消費税増税のショックを少しでも緩めたいバラマキ還元に,あの手この手の減税策。消費税の税収は増えても、バラマキのザル支出で、差し引きは0かマイナス?結局「景気だけを落ち込ませたあの増税は何だったの?」なんてことに。
以上
 

いま話題のニュース

PR