TOP > 社会 > 5G基地局 日本で攻勢 サムスン・NEC提携発表 資金力・営業網に強み :日本経済新聞

5G基地局 日本で攻勢 サムスン・NEC提携発表 資金力・営業網に強み :日本経済新聞

従来に比べ最大100倍の速度で通信できる次世代無線通信規格「5G」用基地局で24日、NECと韓国サムスン電子が提携すると発表した。5兆円近い基地局市場では新規格に移行する際、シェアなど市場構造が激変...

ツイッターのコメント(10)

5Gになることにより更に動画市場が伸びそう / 日本で攻勢: 日本経済新聞
「 :日本経済新聞」( )を読んだよ。
日本で攻勢: 日本経済新聞

NECと韓国サムスン電子が提携
NECが持つ国内の営業網とサムスンの資金力を合わせる
4Gでは世界的に中国勢のシェアが拡大中
日本で攻勢:日本経済新聞

→通信インフラに外国企業参入させて大丈夫なのだろうか?
基地局市場で存在感が大きい中国勢。注目集める5G用で論点になるのは、米国などが指摘する安全保障上の観点 --
「5G」用基地局で24日、NECと韓国サムスン電子が提携すると発表

日本で攻勢:日本経済新聞
米豪で閉め出されているファーウェイ等の中国企業を採用するソフトバンクが日本に不利益をもたらしている可能性は余り日本で問題視されないね。
新野さんらしい的確な判断ですね。R&Dや営業コストを抑え、協創の道を行く。ドコモは全面協力するでしょうね^ ^ 後は、富士通や三菱がどうするか?ですね。
5G基地局、日本で攻勢、サムスン・NEC提携発表、資金力・営業網に強み。
:朝刊企業面から
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR