TOP > 社会 > FRB、国債保有を圧縮 米金利上昇の一因に  :日本経済新聞

FRB、国債保有を圧縮 米金利上昇の一因に  :日本経済新聞

11コメント 2018-10-12 02:11  日本経済新聞

【ニューヨーク=大塚節雄】世界同時株安の震源である米長期金利の上昇の背景には、景気の回復に伴って米連邦準備理事会(FRB)の危機対応の金融政策が出口に向かっていることがある。(1面参照)過去の量的緩

ツイッターのコメント(11)

「 米金利上昇の一因に  :日本経済新聞」( )を読んだよ。
人手不足など米国経済の過熱はわが国とは比較にならないのでバランスシート縮小は当然ですが、それは同時に金利の上昇と米国へのマネーの還流を呼び起こすので、株は下るは海外景気は悪化するはで世界は大騒動になりそう。米中貿易戦争の影響を見極めた方がいいのでは?
FRBではなく、国債の増発の勢いの方だよなぁ・・
日銀だけ資産圧縮出来ず、完全にババを引かされた印象

次のクラッシュ時に使えるカードが殆どありません。。。
昨年10月から出口の最終作業として国債保有を減らし始めた。FRBの購入が減るという需給要因によって債券相場が不安定になり、長期金利が上がりやすくなっている。
世界同時株安の震源である米長期金利の上昇の背景には、景気の回復に伴ってFRBの危機対応の金融政策が出口に向かっていることがある。

出口政策を行えば、必ずこうした現象は起こる。正常な株価調整。日本でもいつかは同じことが起こりうる。
しばらくは米10物国債の金利上昇は続くか。
今後の焦点は、FRBの国債保有残高圧縮がいつ終わるか。利上げがいつ打ち止めになるかと並び、米金融正常化に関する重要ポイントに --
米金利上昇の一因に:総合2面から
FRBの国債保有を圧縮は、昨年10月から。圧縮枠は当初60億ドル(7000億円弱)から始め、四半期ごとに引き上げ。今年10月には計画上の最大規模である300億ドルに到達。

RB、国債保有を圧縮 米金利上昇の一因に: 日本経済新聞
米金利上昇の一因に (日本経済新聞) 【ニューヨーク=大塚節雄】世界同時株安の震源である米長期金利の上昇の背景には、景気の回復に伴って米
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR