TOP > 社会 > 家賃保証 実勢の2倍超も スルガ銀シェアハウス問題 将来性 過大評価し算出 高額契約促す材料に :日本経済新聞

家賃保証 実勢の2倍超も スルガ銀シェアハウス問題 将来性 過大評価し算出 高額契約促す材料に :日本経済新聞

シェアハウスを巡る投資トラブルが長期化しそうだ。金融庁は建設資金の多くを融資していたスルガ銀行に対し、一部業務停止命令を出した。ただ「サラリーマン大家」は家賃を保証していた運営会社の経営破綻で融資の...

ツイッターのコメント(13)

話題のスルガ銀行。
おぉぉ…周辺家賃相場と比べりゃすぐにわかるでしょ…
家賃保証の金額が実勢の2倍超も。スルガ銀シェアハウス問題:日本経済新聞。
シェアかどうかはどうでもいい話。なぜ賃料相場調べなかったのか。
家賃保障スキーム全部駄目と思って差し支えないと思ってる
シェアハウスは昔は20パーセント弱でしたよ

すなわちそういうことです
買う側も勉強せず業者の利回りを鵜呑みにしてる部分は多少なりともあるし、業者は言うまでもなく最低だ。
不動産投資のイメージはこうやって損なわれていくんだと思う。
記事に出ている収益還元法は、簡易な計算なら素人でも可能です。数字の根拠を業者任せにせず、ネット等から客観的な情報を引っ張る癖をつけるべきです。
収益還元法が悪いみたいな謎の書き方…価値算出方法に疑問も持たずに契約したオーナーに落ち度があるのでは……
ねぇねぇ、レオパと大東建託は?ねぇねぇ、ねぇったら!!!!(´・ω・`)サブリース滅すべし!!!!
将来性 過大評価し算出 高額契約促す材料に :金融経済面から
もちろん投資は自己責任ではあるが、騙した業者と銀行、不動産投資を煽る人たちにも責任はある。
収益還元法以外(原価法とか)での計算も呈示してくれてたのかな?してなさそうだけど🤔
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR