TOP > 社会 > コンビニ食品に軽減税率 財務省方針、店内飲食の禁止条件 :日本経済新聞

コンビニ食品に軽減税率 財務省方針、店内飲食の禁止条件 :日本経済新聞

2019年10月の消費増税と同時に導入する軽減税率制度への対応を巡り、財務省は店内に休憩所を持つコンビニやスーパーなどの小売店について、店内で買った飲食料品を原則として軽減税率の対象とする方針だ。休...

ツイッターのコメント(17)

別に本当に必要なら消費税10%に増税でもいいよ。ただし政治家は20%ね。
店内で食べるのなら10%…
持ち帰りなら8%…
8%のまま店内で食べたいですが無理のようです。
軽減税率まじでやめてほしい。1円2円で面倒な手間が増えるだけ。これだけ人手不足なのに、アホすぎる。>
また、新たな方針が出てきた・・・
せっかく引き上げた税金も、この手の無駄な対策費用として浪費され、結果的に社会を疲弊させるのが目に見えるので、いっそのこと、全ての商品・サービスに軽減税率を適用すればどうだろうか。
【 】
こうして、ビール業界に引き続き、コンビニ業界の企業努力もぶち壊していくのでした。おわり。
……
ほとほとあきれてモノも言えん……
昨今スーパーにも標準装備でイートインスペースがあるだろう……
アホな振りしてルール決めちゃえ感が非常に強い…
傍から見てアホが国回してるって思われていいのかな……
良いんだろうな…厚顔無恥は…
線引きの曖昧さが、本格導入後にもめる要因になりそうな予感│コンビニ食品に軽減税率 :
こういうややこしい仕組みは止めて欲しい。消費税の増税をそもそも止めるべき。
んなめんどくさいことしないで一律10%の方が消費税計算しやすくてコンビニエントじゃないだろうか
コンビニ食品に軽減税率 :
外食にしないようにって言っても危険な客が勝手な行動取ったら店員は何も出来ないよ
いやいや飲食以外であの席に座る必要あるのかよ。。 あのスペースを壊す業者起業するか。
現場のカオスを想像すると同情しかない。。
>コンビニや中小スーパーのなかには…椅子やテーブルを置いている店もある。財務省はこうした設備について貼り紙などで「飲食禁止」と明示したうえで、実際に客が飲食をしていないのであれば、飲食設備には該当しないとする

イートインコーナーで飲食できないとかアホなの?
あまりに筋の悪い運用。せっかくの民間努力をぶち壊すおかしな軽減税率。こんなおかしな消費税増税はやめれくれ。
余計な手間ばっかりかかって、軽減税率なんかやめればいいのに。
コンビニ食品に軽減税率 財務省方針、店内飲食の禁止条件:夕刊1面から
以上
 

いま話題のニュース

PR