TOP > 社会 > 日本公庫、暴力団関連企業に融資枠 審査すり抜けか :日本経済新聞

日本公庫、暴力団関連企業に融資枠 審査すり抜けか :日本経済新聞

 政府系金融機関の日本政策金融公庫が暴力団組員が代表をつとめる会社と融資契約を結んでいたことが16日わかった。2016年にこの会社に対し、一定の範囲内で自由に借り入れできる融資枠を設定した。この代表が...

ツイッターのコメント(14)

これあまり報道されてませんね。
日本政策金融公庫って財務省の所管ですよね。
スルガ銀行も暴力団に融資してますしアヤシイ。

日本公庫、暴力団関連企業に融資枠: 日本経済新聞
日本公庫、暴力団関連企業に融資枠: 日本経済新聞
草生える
2018年8月17日

政府系金融機関の日本政策金融公庫が暴力団組員が代表をつとめる会社と融資契約を結んでいたことが16日わかった

反社会的勢力への融資が同公庫の審査をすり抜けていたことになる

融資契約先の代表は今年、警視庁に恐喝容疑で逮捕された指定暴力団の組員
まじかぁ。
公庫頼りの起業考えていたのに、、、。
現金で不動産買うしか無いかな。
融資冷えて物件価格下がるならいいけど。
まさか、日本政策金融公庫でも… →
記事にもあるけど、これ融資後に暴力団に入団(?)されたらお手上げだね
どの業界に勤めるのか
公庫大変だな…反社への融資を本気で根絶したいならデータベースを共有して事前のチェックを専門の団体に任せられるようにするべきだよね。各金融機関の裁量に任せてるからこんなことになる。
日本政策金融公庫もさらに融資が厳しくなるかなあ。
政策公庫もこんなもんかい
やらかしてしまいましたな公庫(´・ω・`)
日本政策金融公庫が暴力団組員が代表をつとめる会社と融資契約を結んでいたことが判明。一定の範囲内で自由に借り入れできる融資枠を設定。身分を偽って融資させた可能性もあるが、反社への融資が同公庫の審査をすり抜けていた。
日本公庫、暴力団関連企業に融資枠:日経新聞
スルガが炎上しているうちに、膿だしする広報パティーン。他行もやるでしょうね。:
以上
 

いま話題のニュース

PR