TOP > 社会 > 都会の農地 宅地化抑制 貸しても税優遇、面積要件緩和 国、転用急増を警戒 :日本経済新聞

都会の農地 宅地化抑制 貸しても税優遇、面積要件緩和 国、転用急増を警戒 :日本経済新聞

11コメント 2018-08-15 06:59  日本経済新聞

 国や地方自治体は都市部に集まる農地「生産緑地」の宅地への転用が急増しないよう対策を急ぐ。2022年に約8割の生産緑地の税優遇が期限切れとなる「22年問題」を放置すれば、宅地供給が急激に膨らみ、住宅市

ツイッターのコメント(11)

地元の不動産屋情報では、都内の生産緑地の税優遇期限が切れるから、来年は、農家が相続対策でアパートを作る需要が高まるって噂。大手不動産業者の営業マンの鼻息が荒いらしい・・・ 相当なビジネスチャンス=農家がカモ
農業をまともにしている訳でも無いのに農地扱いして税優遇するとかって、現代の地主と呼称するのが相応しい気がする。貴重な都会の土地なのに非効率極まりないし。

日経
国交省が三大都市圏の222自治体を調査したところ、今年4月1日時点で面積要件を引き下げる条例を制定したのは約50自治体。
土地、建物を買いたい人は2022年以降を待つべし!あと4年!!
お金を貯めてじっくり待とう。私も不動産経営で収入が入る状況にしたいものです。(先立つものが足りない、、、w)
国、転用急増を警戒:日本経済新聞 朝刊経済面
日経新聞 朝刊 メモメモ。
【生産緑地メモ】
とてもわかりやすい説明と、今後の課題などが書いてあります。



「ニッセイ基礎研究所の塩沢誠一郎氏は「借り手が限られた農地で営農できる経営ノウハウなどを身に付けることが必要だ」と指摘する。」
300平米に下げた自治体もあります。
少子高齢化社会に向かう中、土地の活用方法に新たな発想が求められている。一旦農業や緑地という発想から離れて生産性をどう上げるかという観点で議論したらどうかと思う。
国や地方自治体は都市部に集まる農地「生産緑地」の宅地への転用が急増しないよう対策を急ぐ。2022年に約8割の生産緑地の税優遇が期限切れとなる「22年問題」を放置すれば、宅地供給が急激に膨らみ
国は地主が第三者に生産緑地を貸しても税優遇を受けられる法律を9月にも施行
郊外の地主を守る防波堤撤廃の賛否を問うことも大事なのだが・・・ の農地 宅地化抑制:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR