TOP > 社会 > 浮上する「70歳定年制」 高齢者活用、骨太方針に布石 人手不足に対応、制度作りは難題 :日本経済新聞

浮上する「70歳定年制」 高齢者活用、骨太方針に布石 人手不足に対応、制度作りは難題 :日本経済新聞

 政府は15日の臨時閣議で、2018年の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)や成長戦略を決めた。焦点となったのが人手不足への対応策だ。外国人労働者の受け入れ拡大とともに、もう一つ目を付けたのが65歳を...

ツイッターのコメント(29)

浮上する「70歳定年制」
2050年には世帯主が85歳の世帯のうち半数で金融資産がなくなると試算
これからAIに仕事奪われるのに?
60代とか使い物になるの?
50代のオバハンとかパソコン使えないし、ミスも多いしなんやけど。

浮上する「70歳定年制」: 日本経済新聞
1875年から恩給として始まった年金制度。年金だけで老後を暮らせるなんてのは一時代の夢の産物であった再認識すれば、70歳定年制どころか、一生働けるうちは働くというのが受け入れられるはず。
勝手な事全員が健康では無い60過ぎたら何かしらの服薬で健康人など少ない理解してるか何が定年延長だ年金事務所の給料下げろ。
もはや長生きはリスクでしかないと⋯
結局は雇用を義務づけて、その結果ゾンビが増え、若者にしわ寄せが行くだけ😥
65歳を超えても健康な高齢者。働く意欲をそぐ年金の仕組みを見直し、長く働く人を増やして人手不足を補う。
政府が目を付けたのが65歳を超えても健康な高齢者。働く意欲をそぐ年金の仕組みを見直し、長く働く人を増やして人手不足を補う。骨太に打たれた高齢者活用の布石を読むと、「70歳定年制」が視野に入る
50を越え、60を過ぎる。昔よりも皆若い
自動車免許返納は積極的に求めておいて就業については辞めさせてはいけない
行政の怠慢にきこえる
死んでもごめんである。。。今のペースのままずっと働くなんて無理。。あと40年もあんのかい
浮上する「70歳定年制」: 日本経済新聞
「生きがい」とやらの
タテマエに騙されては×
年金崩壊の序章に過ぎぬ。

6
定年制自体なくならんかなぁ
退職金控除で、2,200万円まで無税なのが頭おかしいねん
いよいよ来たか。
表向きは人手不足、
その実、年金対策。
まさに一石二鳥?
先に国会議員減らして
リストラしなさい。
国会も人手不足?? はは!
時代を先取りして(?)70歳定年どころか70歳を超えても仕事を楽しんでいるうちの父は本当にすごいと思う。さて、父の日に何を買って帰ろうか。
働くのを辞める時は個人が決めればいいんでしょ。
うん、健康には気を付けよう…。
「骨太に打たれた高齢者活用」
病気になるまで働けと。>
いやいや定年引上げても無意味。それよりマネジメントクラスの雇用法規変えて労働市場流動性高めて労働の質向上させないと。浮上する「70歳定年制」(日経新聞)
終身雇用制度を壊さないと。熟練したベテランが新入社員しか扱ったことのない会社に入ってバリバリ働ける筈がない。
なかなか定年がこないようになりそうだ。
↓この記事と「働き方改革」ってどういう整合性があるのか、、、
浮上する「70歳定年制」高齢者活用、骨太方針に布石 人手不足に対応、制度作りは難題 :朝刊1面から
「首相は「移民政策はとらない」と繰り返すが、骨太には「在留期間の上限を付さず、家族帯同を認める措置を検討する」とも明記」・・・チャンと考えている人はいるんだな。>
おいおい
死ぬまで働かせるつもりか?
浮上する「70歳定年制」〜〜「65歳以上を一律に高齢者と見るのは、もはや現実的ではない」:日本経済新聞
ようやく話題に上がりましたか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR