TOP > 社会 > (真相深層)「一物二価」残る仮想通貨 ビットコイン、送金でキムチ・プレミアム 業者ごと価格差、投機の的に :日本経済新聞

(真相深層)「一物二価」残る仮想通貨 ビットコイン、送金でキムチ・プレミアム 業者ごと価格差、投機の的に :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2018-06-09 05:01 | 日本経済新聞キャッシュ

 ビットコインは日本から韓国に送金するだけで価値が上がる。仮想通貨は国によって人気が違い、取引価格に差が出るためだ。「キムチ・プレミアム」とも呼ばれるこんな価格形成は日本国内にもある。交換業者によって...

ツイッターのコメント(11)

キムチプレミアム(笑)

こんなくだらないやり方で稼いでる人いるんだ。
頭いいなー

でも実態は、今後ずっと通用するとは限らないやり方で、一時しのぎ感がある。
キムチ・プレミアム!
ライターの頭の中がキムチプレミアム〜笑
これ書いた記者は経済学演習が足りない。プロとしてやっていくならやり直すべし。—>「一物二価」残る仮想通貨: 日本経済新聞
恐るべき頭の悪さ、馬場燃、今堀祥和の両記者。
モノが売り場によって値段が違うのはアタリマエではないか。トヨタは日本では東証にしか上場していないから1つの価格しかつかないのも当たり前。価格についての基礎...
「一物二価」残る仮想通貨: 日本経済新聞
そのうち「仮想通貨」って名称は良くない、変えよう!って話が出るかもしれないな。
つかみどころのない記事ですねぇ…
キムチ・プレミアムが言いたかっただけな感じも。
おはよううさぎ。
キムチ・プレミアム、誰が考えたんだ、とても印象に残る!
まだまだアービトラージが働く余地があるということは、市場が成熟していないということ。ある意味まだまだ成長余地があるということかな。
キムチプラチナムのネーミングセンス。笑
けど、まだまだ落ち着かないな
取引所間の価格差から、投機が荒い値動きを生むとして、金融当局も投資家保護の観点から注視。レバレッジ規制の議論へ、という内容。

今日(9日)朝刊日経「一物二価」残る仮想通貨
以上

記事本文: (真相深層)「一物二価」残る仮想通貨 ビットコイン、送金でキムチ・プレミアム 業者ごと価格差、投機の的に :日本経済新聞

いま話題の記事