TOP > 社会 > 民泊、ホテルの価格競争促す 宿泊料、昨年度9%低下 :日本経済新聞

民泊、ホテルの価格競争促す 宿泊料、昨年度9%低下 :日本経済新聞

22コメント 2018-05-31 06:17  日本経済新聞

 住宅に旅行者を有料で泊める民泊が6月、正式に解禁される。日本ではすでに6万件以上の物件が民泊サイトに登録され、ビジネスホテルなどが対抗して宿泊料を下げる動きが加速。競争激化などで国内の平均客室単価は

ツイッターのコメント(22)

これ、微妙な話で、安い宿泊所が増えたことでそういうところの宿泊料は下がったが、ちゃんとしたところは全然下がってないんだよな……。 / “民泊、ホテルの価格競争促す 宿泊料、昨年度9%低下 :日本経済新聞”
民泊は「民迫」(民業圧迫)ではない!ホテルの価格競争促す:
民泊が解禁になってホテルが値下げするのは嬉しいな
楽天トラベルでも民泊がでてくるようになるって
ファミマでは鍵の受け渡しするって

民泊、ホテルの価格競争促す:
代替品の脅威、もそうなんだけど、結局需給バランスが供給に偏り始めてるってことかな

民泊、ホテルの価格競争促す:
良い競争
東京だったらホテルの方がいいかな。民泊、ホテルの価格競争促す:
2015年より下がったとは思わないなぁ。ブッキングサイト見てるとむしろ、ホテルじゃなくドミトリーとかホステルとかが増えた印象
民泊は6/15解禁かー。楽しみ。一度泊まらなきゃ。
民泊、ホテルの価格競争促す:日経 宿泊施設の価格が下がるのは、旅行をする側にとっては喜ばしいが、この引き金になったのが「民泊」とは要注意。「安かろう悪かろう」で民泊施設が不逞外人の巣窟化し、「悪貨が良貨を駆逐する」事態に?!
ビジホも値を下げるんだ、どんどん頼む
何度でも言います。
同じ役所の中で、住宅や観光を仕切る部署は民泊を奨励し、自動車局はライドシェアを入れない。インバウンド振興の観点からも世の中の逆を行っている国交省旅客課は、タクシー業界になぜここまで忖度...
■民泊、ホテルの価格競争促す
・ビジネスホテルなどが対抗して宿泊料を下げる動きが加速。競争激化などで国内の平均客室単価は約9%低下
・価格を比較できるサイトが普及。さらに訪日観光客に民泊が存在感。顧客離れを防ぐため既存施設が値下げ
ホテル業界の変革期到来
GDP下がってんじゃないの?大丈夫なの?(´・ω・`)
競争としてはアンフェアな気がする/
選択肢増えるのは良いこと。訪日外国人の1割が民泊を使うようになったので、ホテル側は稼働率満室状態を維持しながら値下げ。〉
今はまだ未整備だけど、大手が入ってきたら、純粋に安いだけの宿泊施設になるだろうから、ホテルはかなり厳しくなるはず。とはいえそれ以上に訪日外国人の需要は増えるかな。どっちが勝つか。 / “民泊、ホテルの価格競争促す 宿泊料、昨年度…”
民泊の存在感が高まりホテル宿泊料が下落。売り手市場の時に明らかに提供価値以上の価格設定で荒稼ぎしてた某A社さんはこんな時に顧客が支えてくれないよね。
「本ではすでに6万件以上の物件が民泊サイトに登録され、ビジネスホテルなどが対抗して宿泊料を下げる動きが加速。」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR