TOP > 社会 > 若者、移住先はアジア 世界の人口移動異変 細る欧米、高齢化に拍車 :日本経済新聞

若者、移住先はアジア 世界の人口移動異変 細る欧米、高齢化に拍車 :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2018-04-01 05:37 | 日本経済新聞キャッシュ

 成長が続くアジア・中東へ移住する動きが世界的に広がっている。かつて豊かな欧米を目指したアジアの若年層も同じアジア域内を移住先に選ぶケースが急増し、労働供給と経済発展を支える。欧米への移住者は細るだけ...

Twitterのコメント(13)

世界を見渡すとアジア・中東への若者の移住が労働供給と経済発展を支えています。
>米欧が移民への門戸を狭めるほど、「アジアの世紀」の到来は早まる。
確かに、若者にとっては、我慢して高齢化地域に住み続けるメリットが乏しいかもな。日本全体が高齢化地域になる日も近いのだが。グローバル化によって、No Country for Old Menが進んでいく。
欧米への移住者は細るだけでなく高齢化が進み、社会保障負担増などを通じ各国で新たな排斥の動きにつながりかねない。:若者、移住先はアジア: 日本経済新聞
アジアからアジアへ。
全文読むには有料だけど

若者、移住先はアジア: 日本経済新聞
若者、移住先はアジア 世界の人口移動異変  細る欧米、高齢化に拍車  :日本経済新聞 ーーリタイヤ後は冬でも暖かいアジアで過ごすというのも悪くありませんね。
欧米は弱体化の一途やね。
書いてはあるけど今のアメリカの政策的にアメリカに移住したい人が減るのは当然。それでもアメリカアメリカ言ってるのは地政学リスクとかに疎い日本人くらいだと思う。なのでこの結果は当然と言えば当然なのでは?と / “若者、移住先はアジア…”
人の移動からみても、世界の重心はアジアへと加速。マーケットとしては、人口&若さに勝る魅力はないよね。
若者、移住先はアジア 世界の人口移動異変 細る欧米、高齢化に拍車:朝刊1面から
建設系は外国人が働いてる姿をよく見るようになったなー。もっと日本も受け入れていいとは思うけど
以上

記事本文: 若者、移住先はアジア 世界の人口移動異変 細る欧米、高齢化に拍車 :日本経済新聞

関連記事