TOP > 社会 > 来月「三菱UFJ銀行」に 突き出し看板、静かに退場 店舗の宣伝効果 希薄に :日本経済新聞

来月「三菱UFJ銀行」に 突き出し看板、静かに退場 店舗の宣伝効果 希薄に :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2018-03-13 06:36 | 日本経済新聞キャッシュ

 三菱東京UFJ銀行が4月1日の行名変更に合わせ、「店舗の宣伝戦略」を静かに転換している。一部店舗ではビルの外壁などに設置する「突き出し看板」の更新を見送る方針だ。新行名「三菱UFJ銀行」への切り替え...

ツイッターのコメント(11)

記事通りの対応する支店もあるんだろうけど、さっき通りかかったら、剥がす準備された新しい看板付いてた。
ATMの看板(夜点灯する部分)が「MUFG」となったのは、「本当は国内行名も『MUFG銀行』にしたかった」なごり?
銀行経営のなかで店舗の位置付けが変わってきていることも背景に
マーケティング・ミックスの変更なのか、単なる経費節減なのか。 / “ :日本経済新聞”
町の景観上もいいことだね。
なうぶら:「 :日本経済新聞」
駅前で赤、緑、青といった銀行の看板が自己主張しあう――。そんな光景は近い将来、過去のものになるかもしれない。

来月「三菱UFJ銀行」に
来月「三菱UFJ銀行」に
突き出し看板の更新を見合わせればコスト抑制効果もある。それ以上に大きいのは銀行の「顔」である店舗の位置付けが変化していることだ。
来月「#三菱UFJ銀行」に 、静かに退場  希薄に:朝刊金融経済面から
以上

記事本文: 来月「三菱UFJ銀行」に 突き出し看板、静かに退場 店舗の宣伝効果 希薄に :日本経済新聞