TOP > 社会 > 日本経済新聞 > 税や社会保険料の...

税や社会保険料の負担増、会社員に偏る 可処分所得、10年で3%減 :日本経済新聞

12コメント 登録日時:2018-02-25 08:20 | 日本経済新聞キャッシュ

 会社員の給与所得控除縮小などを柱とする2018年度税制改正関連法案の国会審議が始まった。子育て世帯でない高額所得者の税負担はさらに増すが、じつは相次ぐ社会保険料引き上げなどで会社員の可処分所得はこの...

Twitterのコメント(12)

少ない給料から引かれる社会保険のせいで、生活しんどい😥私の月の食費以上が引かれてムダ遣いやお年寄りにまわされてる。賃上げとかいらんから、社会保険返してくれたら、生活できる。
《税や社会保険料の負担増、会社員に偏る: 日本経済新聞 》
可処分所得、10年で3%減 →会社員狙い撃ちだよね。取りやすいとこからとる。次は今年の1月に報道されてた株の売却益・配当を狙ってくるね。
今月所得税片手くらってんだけど計算おかしくねーか??

税や社会保険料の負担増、会社員に偏る: 日本経済新聞
税や社会保険料の負担増、会社員に偏る:所得税の適用税率をみると日本は5%の人が納税者全体の6割に上る。英国では税率10%超から20%以下の人が8割だ。
デフレの一因というか、主因だと思う。>
国民よりも大企業を優遇する政権に断固No!

子育て世帯でない高額所得者の税負担はさらに増すが、じつは相次ぐ社会保険料引き上げなどで会社員の可処分所得はこの10年、増えるどころか減少している。
綺麗だし美味しいしいい国だけど、過剰サービスだし出る杭は打たれすぎるし働いて稼ぐインセンティブ減少の一方だし女性に不利なことまだまだ多すぎるし、帰りたくないなあ:-|
ーー「消費の担い手でもある会社員への過度な負担のしわ寄せ」が続くなら、消費の活性化や脱デフレは難しくなりそうです。
過去20年間の日本の可処分所得の伸びはほぼゼロっていう結構衝撃的な記事。
本当に重い。所得税に関して言えば、払わない人があまりにも多いのに、この負担増はやるせないな。
10年で3%負担増。3%って結構バカにならない金額です。500万円なら15万円!その分個人で運用してカバーしなければ*^^*
jアベノミクスの結果は
可処分所得10年で3%減 ー日経新聞

いつまで安倍政権を支持するつもりですか。
以上

記事本文: 税や社会保険料の負担増、会社員に偏る 可処分所得、10年で3%減 :日本経済新聞

関連記事