TOP > 社会 > スタートアップ資金調達、AI分野で中国世界一 昨年世界の48%、米を抜く :日本経済新聞

スタートアップ資金調達、AI分野で中国世界一 昨年世界の48%、米を抜く :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2018-02-23 04:47 | 日本経済新聞キャッシュ

 中国の創業間もない人工知能(AI)関連企業による2017年の資金調達額が米国を抜いて初めて世界一になったことが、米調査会社CBインサイツの調べでわかった。中国企業は顔認証やAIプロセッサーの開発に多...

ツイッターのコメント(13)

スタートアップ資金調達、AI分野で中国世界一:日本経済新聞 中国の洗脳されたAIが世界を支配したらとんでもないことに、、ならないか?
「特許や論文動向でも米中は競っており、最先端技術の競争が米中2強の時代に入った」
AI分野は中国とアメリカの二対立構造なんだね。
AI投資資金を独占してるてことは、これから開発される技術を中国、米国が独占か…ディストピアの未来しかみえないな…
“…中国企業は顔認証やAIプロセッサーの開発に多額の資金を投じている。特許や論文動向でも米中は競っており、最先端技術の競争が米中2強の時代に入ったことを印象づけている…”
日本はもはや「その他」か…
この分野で日本は勝てないのかな。
これは一気にいくなー
むしろ世界的なモメンタムは中国にある
量は質に転化するからなぁ。:
特許や論文動向でも米中は競っており、最先端技術の競争が米中2強の時代に入ったことを印象づけています
スタートアップ資金調達、AI分野で中国世界一 昨年世界の48%、米を抜く:朝刊1面から
お金の価値が壊れ、資金調達の在り方はどう変わるのか。日本では金融大手から積極的に働きかけなければならない。
以上

記事本文: スタートアップ資金調達、AI分野で中国世界一 昨年世界の48%、米を抜く :日本経済新聞

いま話題の記事