TOP > 社会 > 賃金迷路(3)出世遅れ転職もできず 割を食う団塊ジュニア 「給料伸びぬ社員」比率増 :日本経済新聞

賃金迷路(3)出世遅れ転職もできず 割を食う団塊ジュニア 「給料伸びぬ社員」比率増 :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2017-11-02 06:34 | 日本経済新聞キャッシュ

 年功序列の賃金体系が崩れ、今の日本企業では長年働く社員ほど賃金が伸びにくくなっている。転機を迎えているのは40代。バブル期に採用された多くの先輩に阻まれて出世が遅れ、賃金も上がらない。人口構成から「...

ツイッターのコメント(11)

適者生存、変わらないと
「人手が足りない業種に、スキルが乏しく転職しにくい労働者が集まっている。経営者が賃上げの必要を感じていない」
賃金迷路(3)出世遅れ転職もできず  割を食う団塊ジュニア 「給料伸びぬ社員」比率増:日本経済新聞
大量採用だった「バブル世代」の存在により、「団塊ジュニア世代」は賃金や昇進面で割を食っているという興味深い分析(日経経済面 )。ただ、人口の多い「団塊世代」の存在により、「バブル世代」も社会保障などの面で割を食う面もあるような印象も
40代が氷河期で就職、上がポスト詰まって賃金停滞、非正規多くOJT受けられず転職もできず
出世遅れ転職もできずって字面、悲壮感すごい。
完全その通りです。
まんまなんですけど。どうしてくれるのバブルども。
賃金迷路(3)出世遅れ転職もできず : 日本経済新聞
ダブルワーク解禁で縛られない社会に移行するしかない

出世遅れ転職もできず
これなぁ…
バブルの後遺症。振り払うには自分でリスクをとり、進路を変えるしかない。
バブルの後遺症。きっと老後も、死ぬまできっと続く。
毎日ブラックだしな
以上

記事本文: 賃金迷路(3)出世遅れ転職もできず 割を食う団塊ジュニア 「給料伸びぬ社員」比率増 :日本経済新聞

いま話題の記事