TOP > 社会 > (3)韓国選んでよかった 獲得競争、隣国に遅れ :日本経済新聞

(3)韓国選んでよかった 獲得競争、隣国に遅れ :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2017-03-22 07:09 | 日本経済新聞キャッシュ

 「ウォー・フォー・タレント(人材を求める戦争)」とも呼ばれる国家間の激しい人材獲得競争。日本の好敵手は韓国だ。かつては日本同様に外国人材を「研修生」としてサイドドアから受け入れていた。しかし2004...

Twitterのコメント(11)

フィリピン人「働くなら韓国」 ミャンマー人「韓国最高!日本うんこ!」 ベトナム人「日本は地獄、レイプ殺人もあるし」
韓国は国が送り出し受け入れ帰国までを一括管理「仲介業者に払う何重もの手数料がなくなり渡航前費用は平均で10万円程度に下がった」「日本への渡航に比べ条件は格段に良い」
経済団体のトップが「日系人を呼べばいい」とふんぞり返っているんじゃ負けちゃうわ →
つーかこれ日本人が行きたいだろ。 / “ :日本経済新聞”
本当に全部そうなのかわからないけどそうだったら強いな/
 :日本経済新聞
日系ブラジル人にこのぐらいの給料出してたので出せると思うが、健康保険とかはどうなっているのだろう :日本経済新聞
日本に来たベトナム人給料7万円。韓国に行ったフィリピン人月給26万円。
日経:

〈(韓国は)かつては日本同様に外国人材を「研修生」としてサイドドアから受け入れていた。しかし2004年から「労働者」として正面玄関から入れ始め〉た。
「研修生」と「高度人材」。製造業には不可欠に思えるけど、前職では特に対策してなかったような。
まぁ「来たら厳格管理だ!低賃金で働け!5年経ったらとっとと帰れ!」なんて現代奴隷制度やってるうちは負けますよねー(棒
高度人材と労働人口減少を補うための人材、二つの人材不足に悩む日本。さて、どのような方向に進んでいくのか。
以上

記事本文: (3)韓国選んでよかった 獲得競争、隣国に遅れ :日本経済新聞

関連記事