TOP > 社会 > 欧州発 電気自動車シフト 英もガソリン車販売禁止へ 脱石油、世界の潮流に :日本経済新聞

欧州発 電気自動車シフト 英もガソリン車販売禁止へ 脱石油、世界の潮流に :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2017-07-27 06:11 | 日本経済新聞キャッシュ

 【ロンドン=黄田和宏】欧州発の電気自動車(EV)シフトが加速している。英政府は26日、2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売を全面的に禁止すると発表した。世界の石油消費の7割弱は自動車など輸...

Twitterのコメント(11)

安易に喜ぶべきではないだろう。過激な欧州の環境保護の背景には対テロ戦争への強い意志(つまり対イスラム)があるのは明らかだから。
 脱石油、世界の潮流に(写真=ロイター):日本経済新聞
ガソリン車及びディーゼル車が2040年を目処に販売禁止か。全面禁止は反動強いと思うけど、大幅削減はあり得る。法規制需要であり、日産・ルノーの戦略勝ち感がある。
自動車も「仕組み」で上書きされる、か…: 脱石油、世界の潮流に:日本経済新聞
脱石油、世界の潮流に(写真=ロイター):日本経済新聞 ふと思ったけど、最後は売れ残りのガソリン車を全部日本が買わされたりして。
仏に続いて英国も2040年までに化石燃料車の販売をゼロへ。すごいようだが、現実の変化はもっと短期間に起きる。スタンフォード大予測では化石燃料車の販売が8年内にゼロとしている。

・英は40年までにガソリン車やディーゼル車の販売を全面的に禁止すると発表
・うねりはアジアにも。インド30年までに販売する車をすべてEVにするとの目標を表明。中国でも類似の政策
中印などアジアでもEV化の流れ。燃料消費の構造も変わります
 脱石油、世界の潮流に:日本経済新聞 総合2面から
世界の石油消費の7割弱は自動車など輸送用が占めるが、環境対策として「脱石油」が世界的な潮流になりつつある。自動車メーカーの戦略や需要が伸びる電力の確保に向けたエネルギー政策は対応を迫られる
大きな流れ
ガソリン車、販売禁止って。。
英政府は2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売を全面的に禁止すると発表した。世界の石油消費の7割弱は自動車など輸送用が占めるが、環境対策として「脱石油」が世界的な潮流になりつつある。
以上

記事本文: 欧州発 電気自動車シフト 英もガソリン車販売禁止へ 脱石油、世界の潮流に :日本経済新聞

関連記事