TOP > スポーツ > 競技振興へ産業としての視点/町田樹インタビュー2 - フィギュア : 日刊スポーツ

競技振興へ産業としての視点/町田樹インタビュー2 - フィギュア : 日刊スポーツ

「氷上の哲学者」として知られた元フィギュアスケーターの町田樹さん(30)。14年の全日本選手権後に現役引退して6年。その歩みと今後について聞いたインタビューの… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(11)

競技の統括組織は入場料収入や放映権料などで得られる資金をどのように活用するか、産業全体を見渡すことのできるガバナンスの視点で考えなければなりません。
競技振興へ産業としての視点/町田樹インタビュー2 @nikkansports
…少し前に高橋大輔選手のNHKの特集番組を見る機会がありました。その番組で高橋選手はインタビューでこう答えていたのです。「スケートを始めたきっかけは家の近くにリンクがあったから」実は私自身も…
「リンクがなければ競技会は開催できませんし、そもそも選手の育成さえもできなくなります。スポーツにおいて施設は、そのスポーツ文化を支える何よりも大事なインフラなのです。」
町田樹インタビュー2 -
少し前に高橋大輔選手のNHKの特集番組を見る機会がありました。その番組で高橋選手はインタビューでこう答えていたのです。「スケートを始めたきっかけは家の近くにリンクがあったから」
すごい人だ❗ こうやっていろんな角度で、このスポーツを支えていくんだよね。
人ってスゴいんだよ。本当に。
だから、大切にしてもらいたいんだよ。時間を、公平さを。
ほんと。オリンピックとか騒ぐ割には日本の競技スポーツは個人の資産や大規模資本では無い企業の努力にかかってる。
少し前に高橋大輔選手のNHKの特集番組を見る機会がありました。その番組で高橋選手はインタビューでこう答えていたのです。「スケートを始めたきっかけは家の近くにリンクがあったから」。実は私自身もそうなのです。…
文字化後編ありがとうございます!紙面も楽しみ〜
やはり、大ちゃん特番見てらした(^_-)💕
さんへのインタビュー、第2回です。現状分析、今後について聞いてます。宜しくお願い致します。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR