TOP > スポーツ > 羽生結弦が口にした引退/記者が振り返るあの瞬間 - フィギュア : 日刊スポーツ

羽生結弦が口にした引退/記者が振り返るあの瞬間 - フィギュア : 日刊スポーツ

日刊スポーツの記者が自らの目で見て、耳で聞き、肌で感じた瞬間を紹介する「マイメモリーズ」。サッカー編に続いてオリンピック(五輪)、相撲、バトルなどを担当した記… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(14)

<スポーツ担当記者 マイメモリーズ>日刊スポーツ
「聞いてくれて、ありがとうございます」と礼をして、バスへ戻っていった。自分の言葉が正しく伝わるよう願っているのだと、あらためて感じた日だった
15年秋から約3年間フィギュアスケートを担当しました。その中で忘れられない羽生結弦選手とのやり取りを書きました。
記者の方も仕事を全うしようとして『無礼を承知で』質問したり記事を書いているのかもしれないけど羽生結弦を全うしようとしている彼の真っ直ぐさや優しさや魅力に甘えているように感じてしまう。『自分の言葉が正しく伝わるよう願っている』彼の思いが尊重されますように。
メディアは一言抜けた、足りないだけで大きな誤解を世間に与えてしまう。
本人が発した言葉を正しく記事にする事は大事です。それが無いと今、世間で話題となっている様な問題にも繋がります。切取り報道は著明人、一般人問わず避けて頂きたいです。投げかけ有難うございます
写真も文章も思いや人柄が伝わる
タイトルで釣る記事なのかと一瞬顔を顰めてしまったけれど、違った。羽生選手と記者さんの真摯さが伝わる記事だった✨
WEB記事もアップされていたのですね
涙が出ちゃう
正しいことだけが伝わるようにこれからもよろしくお願い致します
結弦さんの真摯な生き方が本当に大好きです😊😍
自分の考えを整理して相手に正確に伝えようとしてくれる。と同時に自分自身の心にもう一度落とし込んで目標に向かって努力する。
歳は彼の方がずっとしたですが、人として尊敬しています😊
病院で手術が決まって今読んだ。数ある手術の中では大きなものではないけれど、羽生さんの記事読んだら涙出た。羽生さんは強いな。もう少し羽生さんの力を貸してくださいね。🍀
発言の意図を理解しないまま記事は書けないと思った…彼はどんな質問でも、質問する人の方向を向き、目を見て答えていた。思いを正しく伝えようと苦心した末に出る言葉は、どれも魅力的だった。
羽生結弦が口にした引退/記者が振り返るあの瞬間|高場泉穂
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR