TOP > スポーツ > バレー選手で看護師の米村尊、PCR検査現場で奮闘 - バレーボール : 日刊スポーツ

バレー選手で看護師の米村尊、PCR検査現場で奮闘 - バレーボール : 日刊スポーツ

バレーボール選手と看護師の二足のわらじを履く米村尊(33=ヴィアティン三重)が、コロナ禍の医療現場で大きな役割を果たしている。日刊スポーツの電話取材に応じ、同… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(13)

バレー好きの医療関係者として注目していました。何より可愛い!
しかし医学部だったんだね。でもバレーも医療もやるためには看護師がよかったのかな?V2の
選手が働ける総合病院もすごい。もっとバレー盛り上がってくれたらいいなー。
米村選手!!!!
素晴らしい、米村尊選手! そして、頑張れヴィアティン三重!!
男性看護師の活躍も多くなったなか、バレーボールと看護師の両立はすごい!
ヴィアティン三重!
バレー選手で看護師の米村尊、PCR検査現場で奮闘(日刊スポーツ)

ヴィアティン三重‥聞いたことあるぞ!?ええ話!
バレー選手で看護師の米村尊、PCR検査現場で奮闘(日刊スポーツ)
危険な医療現場だけど、PCR検査なら毎日感染リスクとの隣合わせだな。医療関係者の差別がなくならないけど、差別する輩はこの人の活躍を知って欲しい。
看護師さんのV2リーグ選手!すごい!お身体気をつけて頑張ってください!
ヴィアティン、先日の色んなシーンでの取り組みに関するnoteといい昨シーズンのSNSでの件への対処といいすごく真摯でプロとは何か考えさせられる

- バレーボール : 日刊スポーツ
素晴らしい!!仕事をしながらバレーボールをするスタイル、アザレアも同じ環境ですので敬意を表します。
良い話だった。。。
『頑張れー!』って伝えたいですね!
競技スポーツ選手のセカンドキャリアを考えた場合にも、看護師資格取得ってのはすごく有効だと思います。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR