TOP > スポーツ > 石川佳純五輪に涙ぐむ「日本人同士戦わなくて済む」 - 卓球 : 日刊スポーツ

石川佳純五輪に涙ぐむ「日本人同士戦わなくて済む」 - 卓球 : 日刊スポーツ

20年東京オリンピック(五輪)選考レースで注目が集まった女子シングルスの代表争いがついに決着した。世界ランキング10位の石川佳純(26=全農)が世界選手権女王… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(14)

石川佳純さんの言葉。重いよ😭
強く、凛々しく、美しい。
選手が試合を終えた姿は
平野のカーチャンは同郷なので色々知ってる人なのだが、俺は石川を応援していた
スマンのー

@nikkansports
「1年間苦しみ続けてきた。入浴・食事中も五輪が脳裏にこびりついて離れなかった―18歳以来の"黒髪"で原点回帰」

他が毛色を気にしてる間も五輪を思ってた
選手のリフレッシュ法は様々だが
⛷️化粧や外車を選んでる間も
⚾️髭を整えガムを噛む間も
ライバルは競技に没頭してる
努力が報われますよう
応援しています♪ヽ(*´∀`)ツラカッタネ♡



これまでで最もつらく、心をすり減らしてつかんだ3度目の五輪切符。この苦しさは必ず、過去2度、届かなかった個人でのメダル獲得に生かすつもりだ。
甘いな。勝負に徹するのが当然。日本人同士とか言うのは甘い。
石川佳純五輪に涙ぐむ「日本人同士戦わなくて済む」勝負の世界。笑うものもいれば哀しむものもいるんやでェェ~😆😭
無理とわかっていますが、シングル出場選手枠を三人にしてあげて欲しかったです🙇
バドミントンの女子ダブルスもそうですが、国内の世界ランカー同士の争いを見るのは辛いです😢🌊
リオに続き出場を逃した平野選手も残念だったけど、またオリンピックでかすみんの活躍が見られるというのも嬉しいので複雑な心境。運命って残酷ですね・・。
願わくば、厳しい勝負の世界の中で彼女の願いが叶えられますように…。結果しか見ない様な外野の誰がどう言ったってその人の人生ですからね。
石川さんの戦い。見ていたいなぁと思う人
卓球・石川選手に関する記事。
制限された文字数の中で現在、過去、直近。目的、希望、競技者としての孤独が盛り込んである良い記事。
ライターの三須一紀氏はかなり卓球を追いかけてきているのだろうことが推測できた。

石川選手。悔いの残らないプレーを祈念します。
3人に出場枠2を争う、
その3人共にレベルが高いだけに3人共に出てもらいたいのが皆思うことだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR