TOP > スポーツ > バスケ日本代表、比江島の「米国とやりたい」現実に - バスケット : 日刊スポーツ

バスケ日本代表、比江島の「米国とやりたい」現実に - バスケット : 日刊スポーツ

バスケットボール男子ワールドカップ(W杯)(8月開幕、中国)の1次リーグ(L)の組み合わせ抽選が16日、中国・深■で行われ、世界ランキング48位の日本は同1位… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(10)

バスケW杯2019🏀で日本代表がアメリカ代表🇺🇸との対戦が決定。
男子日本代表が世界選手権で
カナダ🇨🇦 ロシア🇷🇺 らと対戦する日が来ますように...
ホントにいきなり実現するとはねぇ~😲
正直万に一つも勝ちの可能性は無いだろうけど、レブロンやカリーら相手にどこまでやれるか見てみたい!
日本と世界の差がどんなけあるか知れる。
アメリカのドリームチームとできるのかぁ~🎵凄いなぁ😁

バスケ日本代表、比江島の「米国とやりたい」現実に(日刊スポーツ)
一部では「どうせボロカスにやられて恥かくだけだから」とか言う人が出てくると思うけどやっぱり米国と同じコートで試合するってロマンだよね
勝てないのは分かってるけどマジで楽しみ
バスケットの日米決戦かぁ。
楽しみですね。
記事にあるとおり、アメリカとは2000年にさいたまスーパーアリーナのこけら落としでやってたのを思い出した。北が日本で一番点取ったのと、当時大学生だった青野(現富山)がブロックかましたぐらいか。
アメリカ・トルコ・チェコと同組。アメリカと試合が出来るのは素晴らしい経験になる。
以上
 

いま話題のニュース

PR