TOP > スポーツ > 1区岡田が突然倒れ 強豪の京セラ残り50m棄権 - 陸上 : 日刊スポーツ

1区岡田が突然倒れ 強豪の京セラ残り50m棄権 - 陸上 : 日刊スポーツ

中継所まで残り50メートルだった。京セラの1区(7・0キロ)岡田佳子(22)は突如、倒れ込んだ。2区の兼友良夏の姿を、はっきりと視界に捉えられる距離での悲劇。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(14)

様々な意見があると思いますが、記録より命。命があれば何度だってタスキは繋げられる。
この駅伝毎年何か起こるよな
スポーツの世界責められないことを願い!どんな結果でもどうしょうもない!来年優勝目指して!
こんなこと言うと怒る方も多いと思いますが、私は駅伝という競技は欠陥競技だと思ってます。世界に全く広がらないのには訳がある。広げるべきでもない。
駅伝という競技が、日本の長距離界をあかんようにしてると思う。
男女問わず。
日本陸連、選手、観てる側も、本気で考え直した方がええと思う。
残り50m、されど50m。長く感じる。けれど悔しかっただろう。
これテレビでリアルタイムで観ていたけど、何が起きたのか分からなかったな。大丈夫かな?
もうこういう時は
即効救急車配置して欲しい
根性や忍耐の美徳はいらない
観てたけど、どうだったんだろう?
見ていたが、本人も残りの走者も辛いね。

それがいいと言う人もいるけど、1人のトラブルでチーム全体が棄権になるシステムてどうにかならないかな。
ありゃ、棄権になってたのね…(;´Д`)
京セラユニ着てサンガスタジアム行きたい。
ありゃりゃ、そんなことになってたのね…無事復活できますように。
/ - 陸上 : 日刊スポーツ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR