TOP > スポーツ > 日清食品グループ駅伝撤退、大迫傑がプロ転向前所属 - 陸上 : 日刊スポーツ

日清食品グループ駅伝撤退、大迫傑がプロ転向前所属 - 陸上 : 日刊スポーツ

実業団駅伝の強豪である日清食品グループは11日、今年1月以降、駅伝から撤退すると発表した。日清食品グループによると、20年東京オリンピック(五輪)のマラソン代… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

ツイッターのコメント(15)

日清食品グループは安藤財団でのスポーツ選手支援含めてスポーツにとても理解を示している企業グループだ。内定者を取り消すなんて企業イメージに影響する。
何があったんだ?
どんなスポーツも『実業団』という半端なカテゴリーが消えてくのかな?
陸上は好きなので、まずはトラック競技を集客できる大会にして、選手とスポンサーをつなぐ窓口がチームになったりする?
駅伝撤退

村澤、佐藤選手は、存続

寂しい😔😞
残念。> - 陸上 : 日刊スポーツ
内定取消しはやめてくれ。駅伝は撤退しても、マラソンランナーを育成するなど道はいくらでもあったのでは。| - 陸上 : 日刊スポーツ
冷静に考えたら、この時期の内定取り消しってヤバいよな。「全面的にサポートする」ということだけど…
自分の地元出身の高瀬選手の行く末が気になる。
ニューイヤー見て察した
いやいや、マジかよ。
このタイミングってどうよ。
しかも内定者もいたのに。
えらいこっちゃ・・・:(´◦ω◦`):
駅伝の強豪がまた1チーム・・・
これは驚き。
>
まじ?
これって急遽決まった訳では無いよな…
内定もらってた大学生はどうサポートするねん…
大企業のバックアップがあるからこそスポーツに専念出来るのに、これはとても残念な判断
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR