TOP > スポーツ > グアルディオラ監督「走るのをやめて」チームは好調 - プレミアリーグ : 日刊スポーツ

グアルディオラ監督「走るのをやめて」チームは好調 - プレミアリーグ : 日刊スポーツ

マンチェスター・シティーのジョゼップ・グアルディオラ監督(49)が、チームが調子を取り戻してきた理由について「走るのをやめたこと」と明かした。ESPN電子版が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト...

ツイッターのコメント(23)

ボール保持者は走らず、ボールだけを走らせる。
ボールは疲れないって昔よく言われたな。
ホントに理想。ただジュニアってそれが難しいんだよね。
我々は走り過ぎていた。フットボールをプレーする時には歩く必要がある。走るとしても少しだ。

“無秩序“に走り過ぎて、リスクをおかすなら私はこれぐらいの感覚でfootballをしたい。
サッカーは走らなきゃいかんけど、ただ走ってもいかん。

【こんなメッセージが?】
☑︎ポジション重ならない
☑︎自由に動いて渋滞しない
☑︎居るべき場所に居る
☑︎動くべきタイミングで動く

🔥攻撃の秩序を取り戻しつつある

グアルディオラ監督「走るのをやめて」
昔、静岡学園の井田総監督が「走るな、歩け❗️」と言っていたことを思い出した。
「ボールを持っていない時は走らなければならないが、ボールを持ったらポジションにとどまり、ボールを走らせる。人じゃないんだ。そこが最近の試合では改善された」
「ボールを持っていない時は走らなければならないが、ボールを持ったらポジションにとどまり、ボールを走らせる」
サッカーの真理。
シティの試合最近見てないけど、なんか見たくなってきた。

ジュニアサッカーはボールにつられがち。走ってなんぼの風潮もある。

何かヒント転がってないかなぁ。。。、
歩くサッカー理論という世界の最先端の選択をする、
ヤットさんシティ行かないかな
なるほどねえ…。
>「我々は走り過ぎていた。フットボールをプレーする時には歩く必要がある。」

相手のサッカーに付き合いすぎて自滅していた昨シーズンから、手堅くも確実に勝てる今のサッカーへの変貌
アツさん見てください!
走ってればいい、走らないヤツはやる気がないという見解に警鐘
正にいつ、どのように走るか。
ボールを走らせると言うことは選手の距離をチームにフィットした距離間をしっかり保ちプレーをする。

頑張るのは前提として大事だけど、それだけでは厳しくなっている
#マンC
ウチもある程度の方針転換が必要かもね
この写真って日産スタジアムだよね?
この域に達するまでに頭はめっちゃ使いそう。
そして、ボール持ってない時はやっぱり走ると。
パウサを取り戻したペップ
「我々は走り過ぎていた。フットボールをプレーする時には歩く必要がある。走るとしても少しだ。ボールを持ったらポジションにとどまり、ボールを走らせる。人じゃないんだ。」

やっぱペップはペップだな。
ふーむ🤔🤔🤔
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR